2015年07月11日

和多月かい 世界融合でウチの会社がブラックに!?

世界融合でウチの会社がブラックに!?

世界融合でウチの会社がブラックに!?
著者:和多月かい
価格:972円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



(楽天ブックスより)
その日すべてが一変した。世界は融合し日本のすぐそばに魔法帝国が出現! 第10回C★NOVELS大賞・特別賞&読者賞受賞作!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
地球が異世界と融合しようとも、日本の近海に魔法帝国が出現しようともー社会人一年生の藤崎通には好奇心以外の関係はないハズだった。しかしその帝国支部への配属となれば話は違う。通はいきなり未知の大陸でのプロジェクト最前線に立つことになった。一方、その魔法帝国はある理由から深刻な『魔力』不足に陥っており…。これは藤崎通の奮戦の物語。第10回C・NOVELS大賞特別賞および読者賞受賞(第10回記念として特設)受賞作。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
和多月かい(ワダツキカイ)
『世界融合でウチの会社がブラックに!?』で第10回C・NOVELS大賞特別賞および読者賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


魔法世界と現在の地球がつながってしまい、そこに赴任した商社マンの新人、通が頑張る話、ということ。
原発問題なども出てくるが基本的にはライトノベルというかむしろBL要素を含んだお話、という感じかな。

ファンタジーだが恋愛はなし。
ラベル:和多月かい
posted by 濫読ひで at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ら行&わ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月04日

若竹七海 ポリス猫DCの事件簿 (8/2012) ☆☆☆☆

【送料無料】ポリス猫DCの事件簿 [ 若竹七海 ]

【送料無料】ポリス猫DCの事件簿 [ 若竹七海 ]
価格:1,470円(税込、送料別)

ポリス猫DCの事件簿
ポリス猫DCの事件簿若竹 七海

光文社 2011-01-20
売り上げランキング : 354186


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


神奈川県に猫島という島がある。ここは地続きの島が満潮では通れない。
猫島というのは通称だが、なぜこういうかというと、当然のことながら猫がたくさんいるということになる。

ここには派出所があり、勤務する警官、七瀬巡査は毎日9時に通勤してくる。
そしてここの交番には、有名な猫がいる。ポリス猫、DCだ。
DCはたまたまこの派出所に出入りしていた猫だが、署長により星章を与えられた。

これは、DCと七瀬が力を合わせて事件を解決する物語である。
続きを読む
ラベル:若竹七海
posted by 濫読ひで at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ら行&わ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

綿矢りさ 勝手にふるえてろ (10/2011) ☆☆☆☆

勝手にふるえてろ
勝手にふるえてろ綿矢 りさ

文藝春秋 2010-08-27
売り上げランキング : 129974


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【送料無料】勝手にふるえてろ

同時に電子書籍になったことでも話題となった綿矢りさの新作。
モノローグのように語られる。

私には好きな相手の「イチ」と好意を寄せられる「ニ」がいる。
「イチ」は中学時代の同級生。高校以降は会っていないが、ずっと好きだ。
一方「ニ」は会社の人だ。私は経理だが「ニ」は営業。会社の飲み会で話すようになった。その前の伝票処理からお互いに面識はあったのだが。
続きを読む
ラベル:綿矢りさ
posted by 濫読ひで at 12:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 作家ら行&わ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

渡辺容子 エグゼクティブ・プロテクション (6/2011) ☆☆☆☆


渡辺容子
講談社
・ISBNコード: 9784062170260

エグゼクティブプロテクション。それは、ターゲットの警護だ。 ターゲットは、有名な女子マラソン選手、真姫。スポンサーであるムゲンドーからの依頼になっている。
私は八木。背の高い日本人女性だ。独身。そしてプラチナブロンドに染めている。
それは、目立つことによりターゲットを目立たせないため。そして警護していることを知らせるためでもある。
続きを読む
ラベル:渡辺容子
posted by 濫読ひで at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ら行&わ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

忘れない忘れない 渡辺やよい (8/2010) ☆☆☆☆

忘れない忘れない

忘れない忘れない

価格:1,680円


忘れない忘れない
* 渡辺やよい
* 早川書房
ISBNコード: 9784152091499


ある家族の話を、それぞれのメンバーの立場から語っていく佳品。

ボクの名は未来。ボクの母ちゃんは、美人だがちょっと他のひとと違っている。母ちゃんの頭の中は、12歳でとまっているのだ。
授業参観に来るといって、学校へ来たがそのまま教室に来ないで音楽室でピアノを弾いていたり。配達に行くといって道に迷ってしまったり。
続きを読む
ラベル:渡辺やよい
posted by 濫読ひで at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ら行&わ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

石持浅海 リスの窒息 (5/2010) ☆☆☆1/2


リスの窒息
* 石持浅海
* 朝日新聞出版
1,600円 (税込 1,680 円) 送料無料
・発行年月: 2010年02月
・ISBNコード: 9784022506368

秋津新聞社の投稿課にメールが届いた。それは女子高生を誘拐した、と言うものだった。メールが届くたびに少女の服がはぎとられていく。

新聞社は事件を調べたり関係者を追及するのには慣れているが、事件の当事者になるのには慣れていない。

新聞社は翻弄され続ける。いったいどうしたらいいのか?

続きを読む
ラベル:石持浅海
posted by 濫読ひで at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ら行&わ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

和田竜 小太郎の左腕 (2/2010) ☆☆☆1/2


小太郎の左腕
和田竜
小学館
1,500円 (税込 1,575 円) 送料無料
発行年月: 2009年11月
ISBN: 9784093862585
小太郎の左腕

「のぼうの城」

の作者による作品。
戸沢家の猛将、林半右衛門は、戦いのあとで落ち延びて行く途中に老人と不思議な少年に助けられた。その少年こそが小太郎だった。
小太郎は種子島のいい腕を持っているようだ。だがそれを確認することはできなかった。

続きを読む
ラベル:和田竜
posted by 濫読ひで at 11:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 作家ら行&わ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

和田竜 のぼうの城 (4/2009) ☆☆☆☆☆


のぼうの城
著者: 和田竜
出版社: 小学館
サイズ: 単行本
ページ数: 333p
発行年月: 2007年12月
ISBN:9784093861960
本体価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料別
のぼうの城

本屋大賞ノミネート作品。
出版されたのはもう結構前になる。
かなり話題になってた本なので、読んだ人も多いだろう。

時は戦国時代。 石田三成は、秀吉の命で、小田原の北条氏が籠る小田原城の支城である、忍城(おしじょう)を攻めた。
続きを読む
ラベル:和田竜
posted by 濫読ひで at 23:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 作家ら行&わ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

渡辺やよい ピーター・ノースの祝福 (2/2009) ☆☆☆☆☆


ピーター・ノースの祝福
著者: 渡辺やよい
出版社: 幻冬舎
サイズ: 単行本
ページ数: 381p
発行年月: 2008年07月
ISBN:9784344015432
本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料別
ピーター・ノースの祝福

「渡辺やよい」という作家を知っているだろうか?
このブログ・メルマガでも以前紹介したことがある。
http://hidebook.exblog.jp/3123894

基本的にはレディースコミックの(もう少し正直にいえばアダルトの)漫画家だが、本も何冊か書いている。

その彼女の新作の小説だ。

正直、驚いた。非常によくできた作品集になっている。
それぞれの作品が意外なストーリー展開と結末になっていて、いい意味で期待を裏切るような形になっている。
続きを読む
ラベル:渡辺やよい
posted by 濫読ひで at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ら行&わ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

リリー・フランキー 東京タワー (2/3/2006) ☆☆☆☆1/2

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~

リリー・フランキー
扶桑社 2005-06-28

Amazonで詳しく見る by G-Tools


http://tinyurl.com/9chap

私は正直、リリー・フランキーという人をあまり知らなかった。
「美女と野球」というエッセイがあるのは知っていたがどんな人だかまったく知らなかったのだ。
男か女かさえも。

実際、リリー・フランキーが女でトミー・フェブラリーが女だというのはおかしいじゃないか、なんて思ったりする。

だがこの本が売れているという話は聞いていた。そしてとうとう本屋大賞にノミネートされてしまったのだ。ノミネートは全部制覇するつもりだ。
読むしかない。

という前置きがあって。

この本は、「ボク」がオカンと、時々オトンと成長していく話だ。そして、ボクが成人して、ある程度たってから東京にオカンと住むようになる。

そして、オトンはよく家からいなくなった。だからボクとオカンの結びつきは強くなった。かといっていい子でいたわけではない。ボクは悪ガキだった。オカンにずいぶん迷惑をかけていた。そして大学に行った。美術大学。オカンは学費も出してくれた。

大学を出てもボクはふらふらしていた。オカンに心配をかけてばかりだ。
そしてあるきっかけでオカンとボクは一緒に住むようになった。  

それからもオカンにはいろいろ迷惑もかけるが、オカンとの日々は楽しいものでもあった。



というようなことを書き連ねても、なんだかよくわからないだろう。

この本は、オカンに対する愛情に満ち溢れている。ボクがオカンをどれだけ好きだったか。迷惑をかけたことをどれくらい後悔しているのか。

ボクは独身だ。オカンと住んでいたからかもしれないし、違うかもしれない。
外からみたらマザコンおじさんに見えるかもしれない。
だが、ボクはいう。オカンを好きで何が悪い? 

この本は、息子から母への愛情が満ち溢れている。
そして、ほかのひとに薦めたくなる作品でもある。

作者の本職はイラストレーターだ。だが、人がだれでも一生に一冊は傑作を書くことができるとするならば、それがこの本だといえる。

べつに肩肘はらず、自分の思ったことを素直につづっていったとき、愛情あふれるこの作品ができあがったのだろう。

先日テレビでリリー・フランキー氏を見た。
この本と彼のイラストから受けるむさくるしい印象とは違い、比較的普通のおじさんだった。

お勧め度:☆☆☆☆1/2 愛あふれる本です。


posted by 濫読ひで at 21:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 作家ら行&わ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

渡辺 容子 左手に告げるなかれ

406264620X左手に告げるなかれ

渡辺 容子


講談社 1999-07

Amazonで詳しく見る by G-Tools


http://tinyurl.com/avqex

スーパーで万引きを取り締まる女性保安士、薔子のところに警察がやってきた。
昔の不倫相手の妻が殺されたという。
薔子は不倫がその妻にばれて、多額の慰謝料を払う羽目になっていたのだ。

現場には、みぎ手、というダイイングメッセージが残されていた。
そして、死因と犯人を追いかける薔子のところに、さまざまな事件が起こっていく…

あなたが、施しをするときには、右の手でしていることを、左の手にさえも知らせないようにせよ。  聖書の教えだという。
 
江戸川乱歩賞を受賞した作品とのこと。
途中でのいろいろな事件についての語り口はなかなかよい。
結末の部分には、少々異論がある人もいるだろう。
だが、犯人当てという推理小説の醍醐味は十分に味わえるのではないか。
犯人のめぼしは付くかもしれないが、一点、人間関係にひねりが加わっているのだ。

お勧め度:☆☆☆1/2 楽しめますが、異論もありそうです。

posted by 濫読ひで at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ら行&わ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。