2010年03月06日

夏川草介 神様のカルテ (3/2010)☆☆☆☆

0" border="0">
神様のカルテ
夏川草介
小学館
1,200円 (税込 1,260 円) 送料無料
発行年月: 2009年09月
ISBN: 9784093862592

本屋大賞ノミネート作品。
栗原一止は、信州の病院で忙しく働く内科医だ。なぜか夏目漱石風の言葉づかいを多用する。
看護師の東西がちょっとでも好意を寄せるように見せると、「私は妻のある身だ」と言う。実際に彼女に好意があるかどうか、というのは関係ない。

忙しい病院ではいろいろなことが起こる。
同僚が、看護師の水無さんがかわいい、と言えば、一緒に飲みにいく機会をセットするようなこともある。
続きを読む


posted by 濫読ひで at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

内藤みか編 140字の物語 (12/2009) ☆☆☆


Twitter小説集 140字の物語
ディスカヴァー・トゥエンティワン
1,300円 (税込 1,365 円) 送料無料
発行年月: 2009年11月
ISBN: 9784887597501

Twitter小説集 140字の物語

私が持っているこの本は著者サイン入りだ。
なぜか?というと、年末のついったーイベントに参加したときに購入したからだ。
tw2.jpgtw.jpg続きを読む
ラベル:内藤みか 
posted by 濫読ひで at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

中場利一 岸和田の血 (1/2010) ☆☆☆



岸和田の血

著者: 中場利一
出版社: 本の雑誌社
サイズ: 単行本
ページ数: 286p
発行年月: 2009年05月
1,800円 (税込 1,890 円) 送料無料
岸和田の血

「本の雑誌」の投稿欄から作家デビューに至った中場利一。 彼の自伝的な小説といえる。「岸和田少年愚連隊」のシリーズになる。
家族は岸和田の貧しいエリア「レンガ場」に住んでいる。 遊び人の父親と働き者の母親の間には喧嘩が絶えない。そして息子のリイチ(「チュンバ」)はその中でたくましく育っている。 とにかく毎日が喧嘩。 何があっても勝たなければならない。 中学二年にして、すでに喧嘩のベテラン。恋の相手、リョーコとも上手く行き、喧嘩三昧の日々を続ける。
続きを読む
ラベル:中場利一
posted by 濫読ひで at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

西澤保彦 身代わり (1/2010) ☆☆☆



身代わり

西澤保彦
幻冬舎
1,400円 (税込 1,470 円) 送料無料
発行年月: 2009年09月
ISBN: 9784344017269

身代わり

先日の「動機、そして沈黙」の際に、「腕貫探偵やタック・タカチシリーズをもっと読みたいものだ。」と書いてみたら
http://hidebook.seesaa.net/article/134123309.html
実はタック・タカチシリーズが出ていた。

あまりに長いこと読んでいなかったこともあり、少したたないとみんなのキャラクターが頭の中で動き出さなかった。動き出せばあとは楽しく読める…といいたいところではあるが、ちょっと不満もないわけではなかった。
続きを読む
ラベル:西澤保彦
posted by 濫読ひで at 15:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

中場利一 黒猫 沖田総司の死線 (10/2009) ☆☆☆☆


黒猫
沖田総司の死線
著者: 中場利一
出版社: 朝日新聞出版
サイズ: 単行本
ページ数: 327p
発行年月: 2009年03月
ISBN:9784022505576
本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料無料
黒猫

新撰組もの。
沖田総司の目から描いている。
事件が淡々と続き、総司は淡々と人を斬り続ける。
続きを読む
ラベル:中場利一
posted by 濫読ひで at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

楡周平 骨の記憶 (10/2009) ☆☆☆☆☆


骨の記憶
著者: 楡周平
出版社: 文藝春秋
サイズ: 単行本
ページ数: 508p
発行年月: 2009年02月
ISBN:9784163279602
本体価格 1,714円 (税込 1,800 円) 送料無料
骨の記憶

楡周平の今度の作品は、やはりビジネスものに近い。

清枝は、死の床についた夫、弘明の世話をしていた。夫は地元の名家の跡継ぎだったが、人々の面倒をみるうちに資産がなくなっていき、製材所も閉じたりし、貧しくなっていった。山も売ってしまった。
そんな清枝に、荷物が届いた。送り主はずっと昔死んだはずの男の名で、中身はなんと骨だった。それは彼女の父親の骨だという…。


長沢一郎は貧しい農家の長男だ。友人に、同級生の曽我弘明がいた。
家の環境はずいぶん違うが、弘明とは仲がよかった。ある日弘明は、一郎に対して、トンネルを掘ろう、ともちかけた。 野球の場所をとるための近道を作ろうというのだ。そこである事件が起きた。続きを読む
ラベル:楡周平
posted by 濫読ひで at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

長嶋有 ねたあとに (9/2009) ☆☆☆☆1/2


ねたあとに
出版社: 朝日新聞出版
サイズ: 単行本
ページ数: 333p
発行年月: 2009年02月
ISBN:9784022505316
本体価格 1,700円 (税込 1,785 円) 送料無料
ねたあとに

朝日新聞に連載された、不思議な作品だ。
毎年夏になると、わたし(久呂子)はコモローさんのナカヤマ山荘に出かける。コモローさんは作家。 山荘にはコモローさんのお父さんやそのお友達などがたくさんやってくる。
そして毎晩、不思議な遊びをする。

たとえば麻雀牌を使って「ケイバ」。馬の名前をそれぞれつけて、出走させる。 実況しながらいろいろ楽しんでいる。
それから軍人将棋。コモローさんたちが昔からルールを少しずつ改良しているので、非常に複雑だ。続きを読む
ラベル: 長嶋有
posted by 濫読ひで at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

梨屋アリエ スノウ・ティアーズ (9/2009) ☆☆☆☆


スノウ・ティアーズ
著者: 梨屋アリエ
出版社: 角川書店 /角川グループパブリッ
サイズ: 単行本
ページ数: 254p
発行年月: 2009年06月
ISBN:9784048739535
本体価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料無料


スノウ・ティアーズ

君枝は、「不思議体質」だ。誰にも見えないものが見えたり、ありえないことを体験してしまう。 それは妄想ではない。 実際にそれが起こってしまうのだ。 そして周囲の人間にもそれが伝わる。

たとえば、授業中に突然溺れそうになり、びしょぬれになって屋上に現れる。 道端でトルソー(首のない人形)を拾って持ち帰ると、トルソーがしゃべりだし、そしてべつのマネキンのところへ行って、手に手をとって逃げ出してしまう…
続きを読む
ラベル:梨屋アリエ
posted by 濫読ひで at 21:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

西澤保彦 マリオネット・エンジン (8/2009) ☆☆☆1/2


マリオネット・エンジン
講談社ノベルス
著者: 西澤保彦
出版社: 講談社
サイズ: 新書
ページ数: 259p
発行年月: 2009年02月
ISBN:9784061826359
本体価格 860円 (税込 903 円)
マリオネット・エンジン

西澤保彦の書いた、初めての「SF作品集」になる。
彼はいままでもSF的なものを多く書いていたが、あくまで「ミステリ」のカテゴリーであった。神麻嗣子なんかもむしろSFではなくてミステリ、という位置づけだ。

今回は完全にSFのみを集めた本となっている。
続きを読む
ラベル:西澤保彦
posted by 濫読ひで at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

中場利一 走れ!ビスコ (5/2009) ☆☆☆☆☆


走れ!ビスコ
著者: 中場利一
出版社: 幻冬舎
サイズ: 単行本
ページ数: 362p
発行年月: 2009年01月
ISBN:9784344016118
本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料無料
走れ!ビスコ

ビスコというのは当然ニックネームだ。
モリキ製菓の新入社員のワタシ、江口リツコは、顔がビスコの箱の子供にそっくりな童顔ということで皆からビスコと呼ばれる。

いきなり、グラマーな先輩OL,尾山に、同期のユリちゃんとともにいじめられる。 尾山はどうやら、社内の雪本と不倫しているようだ。
続きを読む
posted by 濫読ひで at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

西澤保彦 スナッチ (4/2009) ☆☆☆☆


スナッチ
著者: 西澤保彦
出版社: 光文社
サイズ: 単行本
ページ数: 350p
発行年月: 2008年10月
ISBN:9784334926366
本体価格 1,700円 (税込 1,785 円) 送料別
スナッチ

西澤保彦が、初めて彼の住む高知を舞台にした作品。
SFミステリー、というのだろうか。

昭和52(1977)年1月16日。、奈路充生(なろみつお)は高知で恋人の美和子と待ち合わせしていた。 ところが彼女は来ない。彼女の知り合いの女性が、ついでもあってそれを告げにきてくれた。
その直後に、天から銀色のクリームのような雨が降り注いできた。
そして、続きを読む
ラベル:西澤保彦
posted by 濫読ひで at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

西尾維新 不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界 (1/2009) ☆☆☆☆1/2


不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界

講談社ノベルス
著者: 西尾維新
出版社: 講談社
サイズ: 新書
ページ数: 181p
発行年月: 2008年12月
ISBN:9784061826267
本体価格 800円 (税込 840 円) 送料別
不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界

あまりに長いタイトルだ。
一度で覚えられる人はほとんどいないだろう。

で…実はこれはシリーズもの、シリーズ4作目だったそうだ。
知らずにこれから読んでしまった。
他の3作は
  • きみとぼくの壊れた世界
  • 不気味で素朴な囲われた世界
  • きみとぼくが壊した世界
    だそうだ…

    で、この物語の語り手は「病院坂迷路」という。どうやら同名の女性が過去の作品に登場しているようだ。だが、今回は、「当時中学生だった彼女の、意味のないバックアップ」ということだ。
    バックアップ、の意味は判然としないが。身代わりとかではないようだ。分家だし。


    続きを読む
    ラベル:西尾維新
  • posted by 濫読ひで at 16:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年01月04日

    中野翠 この世には二種類の人間がいる (12/2008) ☆☆☆☆


    この世には二種類の人間がいる


    著者: 中野翠
    出版社: 文藝春秋
    サイズ: 単行本
    ページ数: 207p
    発行年月: 2007年03月
    ISBN:9784163689708
    本体価格 1,429円 (税込 1,500 円) 送料別
    この世には二種類の人間がいる

    エッセイ集。タイトルどおり、その二種類について断言し、そのあと考察(?)している。

    それは「とっとく」と言う人と「捨てろ」という人だ
    それはうたう人とひねる人だ
    続きを読む
    ラベル:中野翠
    posted by 濫読ひで at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2008年11月01日

    永瀬隼介 退職刑事 (10/2008) ☆☆☆☆


    退職刑事
    著者: 永瀬隼介
    出版社: 文藝春秋
    サイズ: 単行本
    ページ数: 268p
    発行年月: 2007年08月
    ISBN:9784163262307
    本体価格 1,695円 (税込 1,779 円) 送料別

    退職刑事

    永瀬隼介の刑事もの短編集。
    だが、暗い話が多い。
    続きを読む
    posted by 濫読ひで at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2008年10月13日

    楡周平 プラチナタウン (10.2008) ☆☆☆☆☆


    プラチナタウン
    著者: 楡周平
    出版社: 祥伝社
    サイズ: 単行本
    ページ数: 408p
    発行年月: 2008年07月
    ISBN:9784396632984
    本体価格 1,800円 (税込 1,890 円) 送料別

    プラチナタウン

    私、山崎鉄郎は四井商事の穀物取引部部長だ。年収は二千五百万円。
    仕事はきついが充実している。

    そんな私に、故郷の緑原町の同級生から電話があった。町長選挙に出てくれ、というのだ。町は浪費で借金まみれで使えない箱ものばかり。周辺の市町村も合併してくれない。この町を助けてくれ、という悲鳴だった。続きを読む
    ラベル:楡周平
    posted by 濫読ひで at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2008年09月27日

    西澤保彦 夢は枯れ野をかけめぐる (9/2008) ☆☆☆☆1/2


    夢は枯れ野をかけめぐる
    著者: 西澤保彦
    出版社: 中央公論新社
    サイズ: 単行本
    ページ数: 315p
    発行年月: 2008年08月
    ISBN:9784120039713
    本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料別
    夢は枯れ野をかけめぐる

    「早期退職者羽村祐太の静かな世界」として掲載された短編群および書き下ろしからなっている。

    祐太は、独身で48歳。デパートを辞め、ハローワークに通う日々ながらなかなか職は見つからない。

    クラス会で昔の同級生の女性に逢い、奇妙なことを頼まれた。暇があるなら、ゴミの分別をしてくれ、というのだった。 毎週水曜日、彼女はごみの袋をかかえて彼の家にやってくる。そしてすぐに立ち去る。 彼はごみを分別して捨てる。ただそれだけだ。  
    続きを読む
    ラベル:西澤保彦
    posted by 濫読ひで at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2008年08月30日

    永瀬隼介 黒龍江省から来た女 (8/2008) ☆☆☆☆


    黒龍江省から来た女
    著者: 永瀬隼介
    出版社: 新潮社
    サイズ: 単行本
    ページ数: 220p
    発行年月: 2008年03月
    ISBN:9784103067719
    本体価格 1,400円 (税込 1,470 円) 送料別
    黒龍江省から来た女

    これはノンフィクションだ。
    男性が意識不明の重体で、病院に運ばれた。原因は、妻が夫にインシュリンを注射したことだった。
    その妻は、中国の黒龍江省から来た花嫁だった。

    筆者は、その事件に興味をもち、調べ始めた。


    続きを読む
    ラベル:永瀬隼介
    posted by 濫読ひで at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2008年08月02日

    楡周平 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京(上)(下) (7/2008) ☆☆☆☆1/2


    ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京(上)

    著者: 楡周平
    出版社: 講談社
    サイズ: 単行本
    (上)
    ページ数: 338p
    発行年月: 2008年02月
    ISBN:9784062142533
    本体価格 1,700円 (税込 1,785 円) 送料別
    (下)
    ページ数: 359p
    発行年月: 2008年02月
    ISBN:9784062145381
    本体価格 1,700円 (税込 1,785 円) 送料別
    ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京(上)
    ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京(下)

    「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」がベトナム戦争にかかわる話とすれば、本作はそれに近い時代に日本で起こっていたこと、つまり大学紛争にかかわる話だ。

    物語は、1999年と学生紛争の時代、1999年を行ったり来たりする。
    30年の間に何が変わり、何が変わらなかったのか。

    ふた組の夫婦がいる。
    片方は、病院経営をする両親と大蔵省の息子と高校生の息子がいる夫婦。
    もう片方は、年ごろの娘が二人いる政治家の夫婦だ。

    続きを読む
    ラベル:楡周平
    posted by 濫読ひで at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2008年07月05日

    永井するみ 年に一度、の二人 (7/2008) ☆☆☆☆



    年に一度、の二人

    著者: 永井するみ
    出版社: 講談社
    サイズ: 単行本
    ページ数: 257p
    発行年月: 2007年03月
    ISBN:9784062138703
    本体価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料別
    年に一度、の二人

    主婦の沙和子の夫は医者で、何不自由のない生活をしている。
    だが娘が小学校に入ると時間をもてあまし、働きたくなった。

    そしてインテリアの会社で再度働き始める。パートだが、頼まれて香港へ出張することになった。 出張先で彼女は門倉という男性に出会う…続きを読む
    ラベル:永井するみ
    posted by 濫読ひで at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2008年06月14日

    野中柊 恋人たち 6/2008 ☆☆☆☆1/2


    恋人たち

    著者: 野中柊
    出版社: 講談社
    サイズ: 単行本
    ページ数: 251p
    発行年月: 2008年05月
    ISBN:9784062147491
    本体価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料別
    恋人たち

    ふた組の恋人たち。
    どちらも結婚していない。
    片方は、年の離れたカップル。もう片方は、盲目の女性とかしずく男性。 アンリ・マチスの画集がふた組をつないだ。

    続きを読む
    ラベル:野中柊
    posted by 濫読ひで at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。