2015年08月03日

堂場瞬一 埋れた牙 (7/2015) ☆☆☆☆



Kobo logo電子書籍版 埋れた牙 1,512円
紙書籍版 埋れた牙 1,836円


発売日: 2014年10月15日頃
著者/編集: 堂場瞬一
出版社: 講談社
サイズ: 単行本
ページ数: 380p
ISBNコード: 9784062191548


商品説明
ベテラン刑事の瀧靖春は、自ら願い出て、警視庁捜査一課から生まれ育った吉祥寺を管轄する武蔵野中央署に移った。ある日、署の交通課の前でうろうろする大学時代の旧友、長崎を見かける。事情を聞くと、群馬から出てきている姪で女子大生の恵の行方がわからなくなっているという。新人女性刑事の野田あかねの“教育”もかねて、まず二人だけの「捜査」を始めると、恵の失踪は、過去の未解決事件へとつながっていったーー。

「ここも、特別な街じゃないんだ。どんな街にも、一定の割合で悪い奴はいるんだよ」

都市でもなく、地方でもないーーこの街には二つの水流がある。「住みたい街」として外部を惹きつける、上品な水流。だがその下には、この地で長年暮らしてきた人たちが作った土着的な水流がある。

「私は、この街の守護者でありたいと思っている」

愛する街とそこに住む人々を守るためにーー「地元」に潜む牙に、独自の捜査手法で刑事が挑む、異色の警察小説が誕生!
第1章 我が街
第2章 消失
第3章 探索
第4章 ある過去
第5章 共通点
第6章 消えた女たち
第7章 混迷
第8章 隠された性癖
第9章 闇の戦い
第10章 救出
第11章 陰にいた者


舞台は吉祥寺だ。刑事の瀧はもともと地元の吉祥寺の警察署に転勤した。父の介護もあり、捜査1課からの転属を希望したのだ。

地元の友人から、姪がいなくなった、という相談があった。どうやら失踪だ。手がかりはあまりない。真面目な子で、アルバイトをしながら大学に通っているという。

瀧は、若い女性刑事と組んで捜査を始める。 すると、吉祥寺で同じような事件が10年毎に起こっていることに気づく。果たしてその関係は…?


本文の途中にナレーションが入っているので、犯人はほぼわかってしまう。
WhodunitよりはWhydunitというほうが正しいのだろう。

それでも面白く読める。
惜しむらくは、吉祥寺のサトウがサンロードにあるという記載だ。
間違った記載は、面白い小説にとっては興ざめになってしまう。架空ならいいが、実在の街を使い、実在の店を記載するのであればちゃんと記載してほしい。むしろ校閲の責任なのかもしれないが。

おすすめ度;☆☆☆☆ こんな守護者がいてくれると助かります。

ラベル:堂場瞬一
posted by 濫読ひで at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

滝田務雄  田舎の刑事の好敵手 (2/2015) ☆☆☆☆



おなじみ「田舎の刑事」シリーズ。そういえば黒川鈴木といったようなタイトルでシリーズがテレビドラマにもなっていたな。見ていないのでどの作品がドラマ化されたのかは知らないが。

内容紹介は以下のとおり。

県警本部より主席監察官来訪の報せに揺れる、田舎の刑事たち。この監察官、黒川とは学生時代からライバル関係だったのだが、監察官として重大な欠点があり…。大好評コミカル・ミステリ第3弾!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
県警本部より首席監察官が視察に来るという知らせに大慌ての田舎刑事たち。実はこの首席監察官、黒川刑事の高校時代のライバルだったのだが、警察官としては致命的な欠点があり…。署内がパニックに陥るなか、小劇団で起きた謎の事務所荒らしは公民館での墜落死体事件に発展し、無能な部下・白石や黒川夫人、さらには暴走する元ライバルにも頭を抱えながら黒川は捜査に乗り出す!鬼刑事・黒川鈴木に暇はなし!大好評コミカルミステリ、第三弾!


好敵手、というのはこの首席監察官のことだ。
彼はエリート警察官だが、へっぽこな推理をするという意味で致命的な問題を抱えている。
殺人事件が起きたのはある劇団だ。そこには黒川の奥さんがアルバイトで来ていた。

どんなバイトかというと、なんと風船をふくらませるバイトだった。演劇の中で使われるピエロのバルーンの操作ということだ。そのため彼女は「関係者」としてその場のノリで捜査に参加することになる。

続きを読む
ラベル:滝田務雄
posted by 濫読ひで at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月13日

堂場瞬一 Sの継承 (12/2014) ☆☆☆☆

Sの継承

Sの継承
著者:堂場瞬一
価格:2,052円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



楽天ブックスでは

商品の詳細説明
1963年、クーデター計画。2013年、首相を人質にした立てこもり事件。時空を超えたふたつの事件を繋ぐミッシングリンク「S」とは!?
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
1963年、五輪前夜に人知れず計画されたクーデター。2013年、警察を翻弄する連続毒ガス事件。時空を超えたふたつの事件を繋ぐミッシングリンクは白骨死体と「S」。その正体とは!?

とある。

話が同時進行で現在と過去で進むので、混乱をきたしやすい。
現在、毒ガス事件が発生するが、そのルーツは昔のクーデター未遂だった。
当時、国を憂えたメンバーたちがクーデターを計画したが、失敗した。
その時に使用される予定だった兵器が毒ガスだった。
その製法、そしてクーデターの方法が現代へと伝播し、今回の事件が起きようとしている…





続きを読む
ラベル:堂場瞬一
posted by 濫読ひで at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月02日

堂場瞬一 グレイ (11/2014) ☆☆☆☆



1983年、バブル前夜の東京。貧乏学生の波田は経済評論家の北川が率いるシンクタンクで働き始める。恵まれた待遇、やりがいのある仕事。だがそれは社会の裏側を牛耳る「悪」の世界への入口だった──。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
著名な経済評論家・北川啓が主宰する「北川社会情報研究所」。日々の暮らしに汲々としていた大学二年生の波田は、街頭調査のバイトで見込まれ、破格の待遇で契約社員になる。それが運命を大きく狂わせる一歩だとは知らずに…希望に満ちた青年を待ち受ける恐ろしい罠。潰すか、潰されるか。孤独な戦いが始まる。警察小説の旗手が挑むピカレスク・ロマ


実際のストーリーは、波田のリベンジということになる。
最初読み始めたときには、データ分析で一山あてるビジネス、という楡周平的な話を予想していたが、実際はまったく異なっている。
続きを読む
ラベル:堂場瞬一
posted by 濫読ひで at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月19日

滝田務雄 ワースト・インプレッション 刑事・理恩と拾得の事件簿 (10/2014) ☆☆☆☆1/2



「田舎の刑事」シリーズの滝田務雄(たきたみちお) の新作。

キャリア組のコンビ、理恩(りおん)と拾得(じっとく)が、現場と軋轢を起こしながら事件を解決していくシリーズだ。
最終話では、このコンビの永遠のライバルとも言えるような存在が示される。今後、このシリーズではこの二人対ライバル、の事件が展開されていくのだろう。

商品の詳細説明
女刑事の理恩には問題が多い。減らず口を叩いたり、食い意地が張っていたり、すぐ迷子になったり。だが推理だけは超一流! コワモテの部下である拾得とともに、タレント歌人の失踪、大学教授の謎の死といった4つの難事件に立ち向かう。ドラマ化された「田舎の刑事」シリーズの著者による、待望のコミカル・ポリス・ストーリー。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
始末書を乱発している若き刑事・畑山理恩。捜査本部長に減らず口を叩いたり、異常な食い意地で騒動を起こしたり、出かけるたびに迷子になったり…。だが推理だけは超一流!理恩をバカ扱いする部下の寒山拾得とともに、タレント歌人の失踪、大学教授の怪死といった4つの難事件に立ち向かう。笑いはたっぷり、謎解きはしっかり。この味はクセになる!

と、紹介されている。

お薦め度:☆☆☆☆1/2 おふざけのようで、謎解きについては本格的になっています。
ラベル:滝田務雄
posted by 濫読ひで at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月04日

田中啓文 ウィンディ・ガール ストーミー ガール  サキソフォンに棲む狐 (9/2014) ☆☆☆☆1/2




田中啓文の作品だが変なものでもお下劣なものでもない。

主人公は女子高生。
ブラスバンドでサックスを吹き、普門館を目指す…ところから始まるのだが、彼女はジャズに目覚める。
質屋で偶然手に入れたアルト・サックス。それを何とか吹きこなそうとするが、なかなかうまくいかない。するとそのサックスから、しゃべる狐が現れた…。そしてテンコはいつのまにかジャズを目指していく。

主人公のテンコの父は、新宿で不慮の死を遂げていた。
彼女は事故だときかされていたが、実際はどうだったのだろうか?

テンコのサックスの元のオーナーは、どうやら有名なジャズミュージシャンだったらしい。だが、彼がどうなったのか、誰も知らない。

テンコが父親の死の真相を追いかけるうちに、彼女自身が見えない敵に追われるようになり…


面白い。
ジャズもブラバンも知らなくても楽しめる。
知っている人は余計に楽しめそうだが。

お薦め度:☆☆☆☆1/2 そんな簡単に吹けたら苦労はしない!(^_^)
ラベル:田中啓文
posted by 濫読ひで at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

堂場瞬一 独走 (9/2014) ☆☆☆☆

独走

独走
著者:堂場瞬一
価格:1,620円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
五輪柔道金メダリストの沢居弘人は、スポーツ省から、国の特別強化指定選手「SA」の陸上選手・仲島雄平のサポートを命じられる。仲島は実力はあるもののメンタルが弱いという致命的な弱点があった。「金メダル倍増計画」を掲げ莫大な予算でアスリートを管理育成する国で、選手は何を目的に戦うのか。オリンピック、ドーピング問題、引退後の人生設計…現代スポーツ界が抱える様々なテーマを内包して物語は疾走する!!

物語はコーチの目から語られる。彼も元SAであり、スポーツ選手のことはある程度わかっていたのだが、陸上のことはわからず、また仲島のことは結局理解できなかったと言えるのだろう。

スポーツ選手が競技をするのは誰のためなのか?国のためなのか、自分のためか。また、記録を目指すのか、勝つことを目指すのか、それとも美しい理想に近づくことを目指すのか。

答えが一つではないことをこの作品はは問うている。

お薦め度:☆☆☆☆ 税金を使って強化をするのは良いことだと思いますか?
ラベル:堂場瞬一
posted by 濫読ひで at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

堂場瞬一 over the edge (6/2014) ☆☆☆☆

【送料無料】over the edge [ 堂場瞬一 ]

【送料無料】over the edge [ 堂場瞬一 ]
価格:1,836円(税込、送料込)



NY市警のモーリス・ブラウンは東京に視察の出張に来た。
実は彼にはもう一つの個人的なミッションがあった。
彼の友人が東京で失踪した。その手がかりを探しに来たのだ。

ブラウンが個人で動いていると、いきなり襲われた。彼を助けたのは、元刑事の探偵、濱崎だった。
濱崎はブラウンに協力を申し出るが、ブラウンは断る。
一報濱崎はもと上司に連絡をとり、ブラウンの素性を割り出し、自分の興味から動き出す。

そしてブラウンはまた事件に巻き込まれていった…。

濱崎の出会いがあまりに都合がいい状況であったり、カーチェイスと銃弾などちょっと荒唐無稽に近い部分もあるが、エンターテイメントだからかまわない。
面白ければそれえいい。

お薦め度:☆☆☆☆ 二人の活躍の続編を見たいです。
ラベル:堂場瞬一
posted by 濫読ひで at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月18日

堂場瞬一 内通者 (5/2014) ☆☆☆☆

内通者

内通者
著者:堂場瞬一
価格:1,728円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
千葉県警捜査二課の結城孝道は、護岸補強工事に絡む贈収賄事件の内偵中に、最愛の妻を病気で失ってしまう。彼は、ひとときでも悲しみを忘れようと捜査に没頭するが、いわれなき告発により、自らの立場は揺らいでいく。そんな中、唯一の肉親となった一人娘から助けを求める連絡が入り…。結城は刑事として、そして父親として、犯人と対峙していくがー。
(引用終わり)

捜査の対象は贈収賄だ。千葉県警にとっては非常に大きなヤマになり、ぜひとも現場をつかまえたい、と思う。それは現場もキャリアも同じだ。
それに対してのルートは細い。社内の内通者ただ一人だけだから。しかも彼は閑職においやられており、必ずしも情報を取れるわけではない。

そんな状況のなかで結城は「はめられる」。
だが本人にはその理由がよくわからない…
続きを読む
ラベル:堂場瞬一
posted by 濫読ひで at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

辻仁成 醒めながら見る夢 (4/2014) ☆☆☆☆

醒めながら見る夢

醒めながら見る夢
著者:辻仁成
価格:1,728円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



辻仁成の新作。映画化も決まったらしい。

物語はそれぞれの語り、視点で進行する。
妹、陽菜。姉の亜紀だけを見つめて生きてきた。そして姉の恋人と関係を持つ。これもまた姉に近づくため。そして姉を裏切った男のことを憎む。
姉の恋人,優児は劇団の演出家。

文也は縄師の見習い。師匠は女性を美しく縛り吊るす。だが文也はまだまだ未熟だ。
ある日、陽菜という女性が目の前に現れ、彼に願い事を託す…

登場人物はそれぞれに関係を持ち、その間柄に戸惑ったり絶望したりする。
それぞれが悩んでいる。

そしてすべては醒めながら見る夢のように、どこか現実離れしている。

お薦め度:☆☆☆☆ 視点の変換をどうやって映像化するのかがポイントなんでしょう。



ラベル:辻仁成
posted by 濫読ひで at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

堂場瞬一 穢れた手 (1/2014) ☆☆☆☆

【送料無料】穢れた手 [ 堂場瞬一 ]

【送料無料】穢れた手 [ 堂場瞬一 ]
価格:1,680円(税込、送料込)



私、桐谷と警察で同期で親友の高坂が逮捕された。捜査情報を流したからだという。ところが逮捕されても自供も否認もせず、結局処分保留で保釈された。彼は逮捕された時点で解雇されている。私は彼の無実を信じ、彼の名誉回復と警察への復職を望んで単独捜査を始めた。

実は私と高坂は、昔ひとつの秘密を共有していた。そのこともあり、彼とのつながりは一種特別なものであると私は感じていた。

高坂の釈放とともに、情報を受け取ったとされるほうの男も釈放された。私は彼を追い始めた。
ところが捜査を続けるうちに、いろいろと邪魔が入ってきた。
警察内部からの妨害、そして謎の妨害もある。
果たして真実はいったいどうなっているのか。続きを読む
ラベル:堂場瞬一
posted by 濫読ひで at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

富樫倫太郎 ファイヤーボール (12/2013) ☆☆☆☆




キャリアで頭でっかちで世間知らず。でも、だからこそ現場に出たい! 想像で書いたレポートのおかげで現場に転勤した元科学警察研究所の小早川冬彦。
彼が配属されたのは、「お客さま相談係」 通称0係という、新設の部署だった。

メンバーも変人あるいは他の部署からの厄介払いで来た連中ばかり。
だが冬彦は大喜びだ。

早速業務をこなしはじめる。だが公園のバッグを爆発物と間違えたり、いろいろ問題を引き起こしていく。
その一方、彼の調べるエリアで連続放火事件が起きる。 冬彦は犯行のあとをたどり、犯人のプロファイリングを始めた…。
続きを読む
ラベル:富樫倫太郎
posted by 濫読ひで at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

堂場瞬一 暗転 (11/2013) ☆☆☆☆

【送料無料】暗転 [ 堂場瞬一 ]

【送料無料】暗転 [ 堂場瞬一 ]
価格:1,785円(税込、送料込)



鉄道事故をテーマにした堂場瞬一の作品。
本の紹介にはこうあった。
「朝の通勤ラッシュ時、満員の乗客を乗せ、急カーブにさしかかった電車が突如、脱線・転覆した。その電車に乗り合わせた雑誌記者の辰巳は、続々と入ってくる事故の惨劇に慄然とする。しかし、横転した電車内で自らが目にした瀕死の女性の婚約者に偶然出会ったことから、彼は事件の原因を調べ始めるが……。関係者の事情聴取を進める警察、被害者の遺族、そして、異例の会見を開く企業側。それぞれの思惑が交錯する中、事故の真相は明らかになるのか? 」

実際のところ、物語は辰巳の視線だけでなく、婚約者であった滝本の視点からも描かれる。
滝本からすれば、辰巳にしても婚約者を見捨てた憎い男なのだ。
実際のところは、最後に彼女を見たこと、彼女が自分の後ろにいたことだけなのだが。

滝本は当然打ちひしがれている。彼女の死、それだけではない。
彼女の母からは婚約者ではなくただの一般人として扱われたのだ。
瀧本は彼女と一緒に住んでいたというのに。
だが母親の言動も、も死にまつわる狂乱の一種でしかない。


続きを読む
ラベル:堂場瞬一
posted by 濫読ひで at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月26日

堂場瞬一 異境 (10.2013) ☆☆☆☆

【送料無料】異境 [ 堂場瞬一 ]

【送料無料】異境 [ 堂場瞬一 ]
価格:1,785円(税込、送料込)



新聞記者の甲斐は、上司に逆らい、本社から横浜支局に飛ばされてきた。
ベテランの彼はそこでも厄介者として遊軍扱い。

その中で、若い記者の二階は、お調子者っぽいがそこそこ甲斐を立ててくれた。
そんな二階から連絡がなくなった。
どうやら失踪したようだ。
なぜ…甲斐は二階の足跡を調べ始めた。続きを読む
ラベル:堂場瞬一
posted by 濫読ひで at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月14日

富樫聖夜 勇者様にいきなり求婚されたのですが (9/2013)



私はお姫様の侍女のアーリア。 お姫様が魔王にさらわれ、それを勇者が倒しに行くことになりました。
勇者は無事にお姫様を救出して戻りました。 当然、勇者様はお姫様に求婚するものと皆信じていたのですが…なぜか勇者様はこの私に求婚したのです!
私はゲームでいえばモブキャラ。その他大勢、のはずでした。
なのにこんなことになってしまい、私は困惑しています。


続きを読む
ラベル:富樫聖夜
posted by 濫読ひで at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

瀧上耕 青春ぱんだバンド (9/2013) ☆☆☆☆1/2

【送料無料】青春ぱんだバンド [ 瀧上耕 ]

【送料無料】青春ぱんだバンド [ 瀧上耕 ]
価格:1,470円(税込、送料込)



進学校三年生のおちこぼれの僕は、文化祭をさぼって街にいたら、農業高校の不良に、バンドのチケットを買わされた。
だがそれをきっかけで、僕はバンドを組むことになる。

受験勉強もせずに、バンド。
他のメンバーは、農高生と小デブと秀才と、あこがれの女性、ヨシカワさん。

なぜかレパートリーがさだまさしだったこのバンドに沖縄音楽を加え、某所でゲリラ・ライブを試みる。
バンド名は「うっふん、パンダバンド」!

読んでいるだけで楽しくなるストーリーだ。
アラはあるけど、面白ければ問題なし!

楽しくスカッとするお話しだ。

お勧め度:☆☆☆☆1/2 パンダのTシャツ8000円!
ラベル:瀧上耕
posted by 濫読ひで at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月14日

堂場瞬一 執着 (6/2013) ☆☆☆☆

【送料無料】執着 [ 堂場瞬一 ]

【送料無料】執着 [ 堂場瞬一 ]
価格:1,785円(税込、送料込)



捜査一課の澤村は休暇中だった。転勤前なのだ。ところが、次の職場、南浦署でストーカー相談をしていた女性が、実家のある新潟でストーカーに殺される。
澤村は休暇を返上して新潟へ急行した。
警察はマスコミから非難されている。
そんな中で手がかりをさがすべく彼は単独で行動する。

彼と交代で捜査一課配属が決まっている吉野とともに澤村は動き出す。
だが吉野は澤村以上に暴走するタイプだった…。

続きを読む
ラベル:堂場瞬一
posted by 濫読ひで at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月04日

堂場瞬一 ラスト・コード (4/2013) ☆☆☆☆



研究者の一柳が殺された。家族は娘一人だが、アメリカに留学している。
現場の刑事の筒井は、捜査をしていくうちに、この殺人事件はたんなろ物取りの犯行とかではないことに気づく。
そしてこの事件は、警察でも刑事と公安、外務省などをまきこんだものへと発展していく。

その中で帰国した一柳の一人娘の美咲とともに、筒井は事件の真相に迫っていく。
だが、その行動は敵にもしっかりと見張られていた。続きを読む
ラベル:堂場瞬一
posted by 濫読ひで at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

堂場瞬一 沈黙の檻 (3/2013) ☆☆☆1/2

【送料無料】沈黙の檻 [ 堂場瞬一 ]

【送料無料】沈黙の檻 [ 堂場瞬一 ]
価格:1,785円(税込、送料込)

沈黙の檻
沈黙の檻堂場 瞬一

中央公論新社 2010-10
売り上げランキング : 229575


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


堂場瞬一の刑事もの。几帳面な刑事の氷室は、時効になった17年前の殺人事件の共犯者と名乗る者から真犯人とマスコミで名指しされた運送会社の社長・末松の取り調べにあたる。末松は犯行を否定せず、「ノーコメント」を繰り返す。その結果、会社はかなり危うい状態になる。その末松が狙われた。
果たしてその犯人は? すると今度は共犯者を名乗る前島が殺された! 
氷室は、この事件の解決を導き出すことができるだろうか?そして末松を慕う青年、タケはどうするか?

途中まではとても面白い。
謎が謎を呼び、果たして誰がどのようなことをしたのか、とわくわくする。


続きを読む
ラベル:堂場瞬一
posted by 濫読ひで at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

堂場瞬一 解 (10/2012)☆☆☆1/2

解


著者:堂場瞬一
価格:1,785円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


解堂場 瞬一

集英社 2012-08-24
売り上げランキング : 38106


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


鷹西仁と大江波流。二人は学生時代の友人だった。ひとりは新聞記者に。そしてもうひとりは官僚に。だがどちらもそれでは終わらない。
鷹西は新聞記者から作家になる。そして大江は政治家になる。二人はそれを目標にしていた。

二人の人生が、並行して語られていく。
そして大江は、父の逝去にともなう出馬要請を断った。それには理由があったから。
そして、その原因を取り除くため、彼はある行動に出る。

一方、鷹西は新聞記者時代、ある事件に出くわしたが、未解決のままで彼は転属になった。
そしていつか夢をかなえ、作家になってから、彼はその事件を思い出した。

続きを読む
ラベル:堂場瞬一
posted by 濫読ひで at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。