2008年06月08日

野田昌宏氏・氷室冴子氏を悼む

週末、こんな悲しいニュースが二つ飛び込んできました。

野田昌宏さん 本名野田宏一郎  6日、肺炎で死去。74歳。通夜は8日午後6時、葬儀は9日午後0時30分から文京区関口3−16−15 東京カテドラル大聖堂で。喪主は弟玲二郎さん。

氷室冴子さん 本名碓井小恵子 6日 肺がんで死去。51歳。 通夜は9日午後6時、葬儀は10日午前9時30分から新宿区早稲田町77の龍善寺で。喪主は姉 木根利恵子さん。


野田さんは、ある程度の年齢のSF好きなら必ずその名を聞いたことがあるであろう人です。
「キャプテンフューチャー」の翻訳や、「銀河乞食軍団」などの作品で知られ、「宇宙軍大元帥」を名乗っておられました。
一方「日本テレワーク」の社長もしていらっしゃいました。 ひらけ!ポンキッキなどを制作していた会社です。 
他にもいろいろあるのですが、きりがありません。
ご興味あるかたは「野田昌宏」で検索ください。

それから氷室さんは、とくにコバルトのジュニア小説で有名になったかたです。「なんて素敵にジャパネスク」シリーズの名前は聞いたことのあるかたも多いことでしょう。 逝かれるには早すぎる年齢でした。


同じ日に、二人の訃報を聞くとは思いませんでした。
いずれにしても、ご冥福をお祈りいたします。




posted by 濫読ひで at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 本にまつわる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。