2008年04月06日

梶尾真治 アイスマン。ゆれる (4.2008) ☆☆☆☆


アイスマン。ゆれる
著者: 梶尾真治
出版社: 光文社
サイズ: 単行本
ページ数: 320p
発行年月: 2008年03月
ISBN:9784334926007
本体価格 1,600円 (税込 1,680 円) 送料別
アイスマン。ゆれる

梶尾真治の新作。
これはタイムトラベルものではない。
女性誌に連載されていたもののようだ。

アイスマン。月下氷人。つまり仲人のようなものをさす。

知乃は、家の中の不思議な文箱を見つけた。
そこには古文書と道具が入っていた。

そこに描かれていたのは、恋愛を成就させる呪い(まじない)だった。
高校生のとき、知乃は一度だけそれをためしてみた。
すると高校教師どうしで不倫・駆け落ちしてしまった。
そして知乃は激しい肉体への苦痛を味わった。

それから時がたち、また知乃はそのまじないを使うことを頼まれる。
それも、秘密を知っている友人からだった。

そして…知乃が恋する男性と相愛になるようなまじないをかけてくれ、と頼まれてしまう。

知乃はどうするのか。そして相手との関係はどうなるのか…


お勧め度:☆☆☆☆  カジシンらしい作品です。
あまりどぎつくもなく、それでいてお約束の方向へと向かっていきます。


アイスマン。ゆれる

powerd by 楽市360



ラベル:梶尾真治
posted by 濫読ひで at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。