2008年04月06日

Re-born はじまりの巻



Reーborn

はじまりの一歩
著者: 伊坂幸太郎
出版社: 実業之日本社
サイズ: 単行本
ページ数: 269p
発行年月: 2008年03月
ISBN:9784408535258
本体価格 1,400円 (税込 1,470 円) 送料別

Reーborn

これは伊坂幸太郎の作品ではない。オムニバスで、彼のものも含まれているということだ。

テーマは「はじまりの一歩」
それぞれがなかなか「ちょっといい話」ふうになっている。

夢でついに…「あの日の20メートル」(福田栄一)。
これがとくにいい。
伊坂幸太郎の「残り全部バケーション」はなんとなく古川日出夫をほうふつとさせる作品だ。
ほかにも、合唱ではうまくクラスをまとめられなかったが…「よろこびの歌」(宮下奈都)、女優が老人の自分の祖母との昔話を聞くうちにある体験をする「会ったことがない女」(平山瑞穂)や昔のいじめと子供が生まれる幸福をテーマにした「瞬間、金色」(豊島ミホ)などを掲載。

テーストの違いをそれなりに楽しめる本だ。

お勧め度:☆☆☆☆ なんだか雑誌の特集みたいな感じもします。でも「はじまりの一歩」これはいい話ですね〜
濫読ひで短編賞の候補にしておきましょう。






posted by 濫読ひで at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 本にまつわる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。