2008年01月26日

古川日出男 ゴッドスター (1/2008) ☆☆☆☆


ゴッドスター

著者: 古川日出男
出版社: 新潮社
サイズ: 単行本
ページ数: 156p
発行年月: 2007年11月
ISBN:9784103060710
本体価格 1,300円 (税込 1,365 円) 送料別

ゴッドスター

語り手は女性。
あたしの素性?それはいえない。

そしてあたしはカフェテリアから外を見ている。あたしは横断歩道のところに子どもがいるのを見ていた。目をそそいでいた。


そしてあたしはその子に声をかけた。
それがはじまりだった。

あたしとカリヲの物語だ。


あとがき、というか最後にちょっとした注がある。
「この作品には読点はない。この作品には章番号はない。この作品にはスーパーナチュラルな要素は無い。この作品には読解は要らない。身をゆだねてほしいと思う。ことばに。起きていることに。この作品のスターティング・ポイントにはレイモンド・カーヴァーとキム・ゴードンがいる。」

最後の二人のことはよくわからないが、著者のいうとおりにしよう。読解はいらない。身をゆだねよう。


読点がないとは気づかなかった。
だいたい、ベルカ、吠えないのか?
http://hidebook.seesaa.net/article/7035118.html
ではタイトルにさえ読点をつけているこの作者のことだ。

ベルカ、吠えないのか?
http://hidebook.seesaa.net/article/7035118.html

お勧め度:☆☆☆☆ 古川ファンにはぜひ。

ゴッドスター

powerd by 楽市360



ラベル:古川日出男
posted by 濫読ひで at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。