2008年01月20日

芥川賞・直木賞決まる

芥川賞・直木賞の受賞作品が決まった。

第138回芥川賞 川上未映子『乳と卵』
第138回直木賞 桜庭一樹『私の男』

ということだ。
大森・トヨザキコンビがそろって本命を打ったこの2人。
そしてそのまま決まった。

こんなこともあるのかな〜

ちなみに「私の男」は現在読んでいる最中です。

例によって、芥川賞・直木賞受賞作はそれぞれ文芸春秋とオール読物(直木賞のほうは抄録のケースも多いです)に掲載されます。

桜庭一樹
(さくらばかずき) 「私の男」(文藝春秋)
powerd by 楽市360




ラベル:直木賞 芥川賞
posted by 濫読ひで at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 本にまつわる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。