2008年01月19日

山本幸久 渋谷に里帰り (1/2008) ☆☆☆☆1/2


渋谷に里帰り

著者: 山本幸久
出版社: 日本放送出版協会
サイズ: 単行本
ページ数: 242p
発行年月: 2007年10月
ISBN:9784140055311
本体価格 1,400円 (税込 1,470 円) 送料別
渋谷に里帰り

稔は食品会社の営業マン。やり手と評判の女性、坂岡の退職にともない、彼女の営業エリアである渋谷を引き継ぐことになった。渋谷は稔の出身地でもあり、あまり近づきたくない土地でもあった。

稔は国立大学(学芸大学)を出ているのだが仕事の成績はあまりよくない。坂岡のやり方に驚きながらも、なんとかついていこうとする。
いろいろ戸惑いながらも、なんとか稔は坂岡の引継ぎを進めていく…。

大事件は無いが、ほのぼのとしたストーリーだ。
その中で、坂岡が辞める本当の理由も明らかになっていく。
また、稔の幼馴染も登場し、渋谷の町から逃げていた理由もわかっていく。

これは稔の成長物語でもある。坂岡からの刺激を受けて、精神的な成長を遂げていく。
ほろりとさせる部分もあり、なかなかいい。

お勧め度;☆☆☆☆1/2 「ホット・パンツ」ぜひ行ってみたいものです。

渋谷に里帰り
powerd by 楽市360



ラベル:山本幸久
posted by 濫読ひで at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。