2008年01月19日

蒼井上鷹 二枚舌は極楽へ行く (1/2008) ☆☆☆☆1/2


二枚舌は極楽へ行く

Futaba novels
著者: 蒼井上鷹
出版社: 双葉社
サイズ: 新書
ページ数: 289p
発行年月: 2006年10月
ISBN:9784575007541
本体価格 819円 (税込 859 円) 送料別
二枚舌は極楽へ行く

ミステリーの短編およびショートショート集。
「小物のせこさがよく描けている」という評価を得たこの作者。
ただ者ではない。

ストーリーにはそれなりの「ひねり」が加えられている。
そして、それぞれの作品の最後に「参考」としていろいろな作品が並べられている。落ちにかかわる場合もあるが、それでも単純にそのアイディアを使ったわけではなく、やはりひねりがある。
ただ、最初の作品「野菜ジュースにソースを二滴」についていえば、テレビで見たというアイディアが出ていたが、その元ネタは、ウィリアム・アイリッシュの「晩餐後の物語」という短編だ。

私の愛するアイリッシュのアイディアはあちこちで日本のテレビドラマにパクられている。とくに「死者との結婚」の冒頭は二時間ドラマなどで複数回使われている。 

まあそれはそれとして、この作品中にアイリッシュの名前が言及されていないのはちょっとさびしい。もちろん作者も知らなかったのだろうが。


全体的には、ひねりが複数回加えられた、凝った感じの短編集に仕上がっている。最後の中篇「二枚舌は極楽へ行く」に関しては、ちょっと異論のあるところもあるだろうがそれなりに面白い結末になっている。単なるミステリーというよりはサキのようなテイストもあるかもしれない。

お勧め度:☆☆☆☆1/2 ひねりを楽しんでください。


powerd by 楽市360



ラベル:蒼井上鷹
posted by 濫読ひで at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。