2008年01月10日

草思社、新風舎、そしてデジマ(コミックガンボ) の破綻

年末年始、いろいろ破綻している。
本当に出版不況だ。

草思社はそうはいっても民事再生法だし、負債総額は22億4789万円だから、まだ金額が小さい。この金額なら、まあなんとかなるだろう。支援するところもありそうだ。一方新風舎も負債は20億の民再。こちらは結構たいへんかもしれない。ネガティブな記事とかでていたせいかな。 以前本を贈ってきた作家さんも、自分で売らないといけないから大変だ、とぼやいてたっけ。

無料コミックのコミックガンボのデジマは破産。
これは再刊はできないだろう。

で、渡辺やよいさんが以前活躍した例の問題。つまり原稿はどうなるか?
「人間噂八百」を描いていた足立淳さんのブログによれば、原稿は回収できたそうだ。
ほかの数人も回収したようだ。
http://plaza.rakuten.co.jp/uwasa800

だが全員かどうかはわからない。早くうごいた足立さんは確保できたようだが。
「人間噂八百」はまだコミックスになっていない。

個人的には「パート怪人悪キューレ」の原稿が散逸しないでほしいと思う。と思ったらなんとコミックスが出ていた! 再版はこの出版社ではないからなあ。

ガンボには大御所江川達也氏や、永松潔さん、そしてすがやみつる先生といった面々も描いていたわけで、その人たちが動いているのならなんとかなるのだろうか?


しかし本当に出版不況だなあ。 
(ガンボはちょっと違う理由かもしれないけれど)

サイゾーの記事
http://www.cyzo.com/2007/12/post_190.html

powerd by 楽市360

パート怪人悪キューレ 1 (1) (ガンボコミックス 9)パート怪人悪キューレ 1 (1) (ガンボコミックス 9)
ヨコシマン

デジマ 2007-11
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by 濫読ひで at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 本にまつわる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。