2008年01月06日

蒼井上鷹 俺が俺に殺されて (1/2008) ☆☆☆☆


俺が俺に殺されて

長編ミステリー Non novel
著者: 蒼井上鷹
出版社: 祥伝社
サイズ: 新書
ページ数: 290p
発行年月: 2007年06月
ISBN:9784396208301
本体価格 857円 (税込 899 円) 送料別
俺が俺に殺されて

俺は呆然とした。俺は殺されてしまった。なぜそれがわかるか?
俺は俺を殺した人間に乗り移ってしまったのだ。
そして足元には俺の死体がころがっている…俺はとりあえず俺の死体を隠した。

その後、俺(いや、元俺)の兄が殺されたことを知ったのだ。
いったい誰がそれを行ったのか?
まわりの連中は怪しいやつらばかりだ。
俺は、犯人探しを始めた。すると…


シチュエーションこそ突飛だが、内容はかなり正統派のミステリーだといえるだろう。

乗り移った俺が話をしにくいようなシチュエーションを造ったのは少々無理やりっぽいが、それを除けばまあ十分にありうる話だろう。

結末もしゃれている。

お勧め度:☆☆☆☆ もしあなたがこのシチュエーションに陥ったらどうしますか? 考えたくもないですが…




powerd by 楽市360



ラベル:蒼井上鷹
posted by 濫読ひで at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。