2007年12月08日

梅田望夫  ウェブ時代をゆく いかに働き、いかに学ぶか(11/2007) ☆☆☆☆☆

梅田望夫著  ウェブ時代をゆく いかに働き、いかに学ぶかの感想です。


ウェブ時代をゆく

いかに働き、いかに学ぶか

ちくま新書
著者: 梅田望夫
出版社: 筑摩書房
サイズ: 新書
ページ数: 244p
発行年月: 2007年11月
ISBN:9784480063878
本体価格 740円 (税込 777 円) 送料別
ウェブ時代をゆく

この本を評するのは、私にとってはなかなか難しい。
ただの礼賛になってしまう危険性があるからだ。
この本を読んで、生き方、考え方を変える人が出てくるかもしれない。
私も、そうありたいと思う一人だ。
このWebが発達した時代に、人々はどう生きていくべきか。
それをこの本では問うている。

筆者は、将棋の羽生善治の言葉を引用し、「学習の高速道路と大渋滞」のことをWeb進化論でも述べた。

そして今度は、その先を「高く険しい道」と「けものみち」に分けている。

「高く険しい道」とは、高速道路の先の渋滞の中を進み、さらに上を目指すもの。
「けものみち」とは、道なきところに自分で道をつけていくものだ。

(この部分はいつかどこかで、自分のケースが進展したら、別の名前で書くかもしれないのでこの辺にしておこう。)

また筆者は、「好きを貫く」ことを示している。
それで食べていければ、それでいいではないか!

まつもとゆきひろという人がいる。Rubyというオープンソースのプログラム言語を書いた人で、彼は、その世界では世界でもっとも尊敬される日本人とも言える。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20071127/288123/
に、梅田氏との対談が載っている。
(余談だが、このITPROというサイトは素人から見ても面白い記事がたくさん載っている。)

まつもとは、現在、松江のネットワーク応用通信研究所というところの フェローになっている。彼はオープンソースのプログラムをつくりながら、この肩書きで給料をもらっている。

実は彼の存在自体が「まちおこし」にすらなっているのだ。
そして日経はこのまちおこしムーブメントに賞すら与えた。(この辺は書籍の中身とはずれるので割愛)

まつもとは、好きをつらぬいて仕事をしている。そんな生き方も、きっと「あり」なのだろう。

この本は示唆に富む。
そして人々に問う。

あなたの、プロとしての生き方はどうあるべきなのか、と。

答えを探していかなければならない、と思う人たちがたくさんいるだろう。そして、いてほしい、と切に願うものだ。

ウェブ進化論 http://hidebook.seesaa.net/article/26722402.html
から1年半以上が過ぎた。
そしてまた、世界は変わってきている。Web2.0でいえばたとえば楽天もAPIの公開に乗り出してきた。まだまだ利用度は低いが、今後いろいろなことをやっていくのだろう。

(内容はもっとずっと沢山あるが、今回はこの辺にしておこう)

お勧め度:☆☆☆☆☆ 若者全員に読んでほしいものです。


ラベル:梅田望夫
posted by 濫読ひで at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。