2007年12月01日

中島京子 桐畑家の縁談 (11/2007) ☆☆☆☆


桐畑家の縁談

著者: 中島京子
出版社: マガジンハウス
サイズ: 単行本
ページ数: 190p
発行年月: 2007年03月
ISBN:9784838717439
本体価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料別
楽天:桐畑家の縁談
amazon;桐畑家の縁談

桐畑家の姉妹の露子と佳子。その妹の佳子に縁談がもちあがった。
その相手は台湾人。

だがこのストーリーは、台湾との異文化のどうのこうの、という話ではない。

人生の目的が見出せず、漂っている姉、露子の物語を中心としている。
もてないはずの佳子が結婚する。だがその佳子は変わった趣味であり、露子は彼女のペースにはついていけない。その一方、昔の相手と道で出くわしただけでまた心が揺れ動く。露子はそんな女性だ。
二人の父はただおろおろしている。
佳子は妙に強い。

そして縁談は淡々と進んでいく。

ストーリーとしては露子の葛藤や小さな事件などはあるものの、ゆったりと進んでいく。起伏が乏しいというといいすぎだろうか?
もともと波乱万丈を狙った話ではないのだ。

のんびりした形で読んでいくのにふさわしい本といえるだろう。

お勧め度:☆☆☆☆ 近所の中華料理店で一人で食事をとるだけでも「デート」というのも不思議です。


ラベル:中島京子
posted by 濫読ひで at 20:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

桐畑家の縁談 中島京子
Excerpt: 「結婚することにした」 妹・佳子の告白により、にわかに落ち着きをなくす姉・露子(独身)。寡黙な父、饒舌な母、そして素っ頓狂な大伯父をも
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2010-09-10 02:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。