2007年10月14日

恩田陸 朝日のようにさわやかに (10.2007) ☆☆☆☆

朝日のようにさわやかに朝日のようにさわやかに
恩田 陸

新潮社 2007-03
売り上げランキング : 160612

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アマゾン:朝日のようにさわやかに
楽天;朝日のようにさわやかに

恩田陸の短編集。
SF仕立て、あるいは推理小説仕立てのものが多い。掌編もあればもう少し長いのもある。
はっきり言って玉石混交だ。

短編の場合、登場人物がどうしても少なくなるので、推理小説なら犯人はすぐ知れてしまう。あとは語り口の勝負だ。

「あなたと夜と音楽と」はそれに挑戦した意欲作、ともいえるが必ずしも傑作とは言いがたいかもしれない。

一方、「水晶の夜、翡翠の朝」は、日本語の歌がかかわっている外国を舞台にした話、というのには少々無理があるが、正統派の推理小説としてうまくいったのではないか。

表題作はちょっと奇妙な作品だ。
エッセイのような推理小説。
ただ、表題作にするほどの作品であったかどうかはちょっと疑問なしとしない。

お勧め度:恩田陸としてはまあ標準的かちょっと落ちる、という感じでしょうか。


ラベル:恩田陸
posted by 濫読ひで at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。