2007年09月30日

森 博嗣 クレイドゥ・ザ・スカイ (9/2007) ☆☆☆☆1/2

クレィドゥ・ザ・スカイクレィドゥ・ザ・スカイ
森 博嗣

中央公論新社 2007-06
売り上げランキング : 5430

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アマゾン:クレィドゥ・ザ・スカイ
楽天;:クレィドゥ・ザ・スカイ

スカイ・クロラシリーズの完結編。

冒頭、いきなり記憶喪失した「僕」の語りが始まる。
いったい、僕とは誰なのか。


クサナギか、カンナミか、はたまたクリタやササクラ、ティーチャということだってあるかもしれない。
(もちろんササクラは職務が違うから、そうはならないだろうが。)

それがわからない、という不安定なままで話が進む。そこにフーコが出てくるので、なんとなく誰のことだか、わかってくる。

その語り手は、記憶をなくした。それは、彼独自の問題ではどうもないらしい。すべてのキルドレに共通するのかもしれない。

だが、それを克服した人間?も存在する。


スカイ・クロラシリーズのいいところの一つには、やはり空中戦の描写があげられるだろう。
登場人物たちは、空中戦を愛している。ダンスとして。
もちろん、落とされれば死んでしまう。それがわかった上での話しだ。

いずれにしても、多くの謎が残ってしまった。
もしかしたら、シリーズ全体を再読すれば、ストーリーの連関性がよりうかびあがるかもしれない。

謎は謎として残ったが、この爽快な物語は、完結した。

読後はとても爽快だ。そして少しだけフラストレーション。

このあと、メンバーたちはどんな行動をするのか。
そこを描ききれて居なかったから。
そして謎も残ったから。

お勧め度:☆☆☆☆1/2
シリーズの最終巻です。シリーズを読んだ人でないと答えられないような内容が多く含まれています。

スカイ・クロラシリーズが好きな人にお勧め。


posted by 濫読ひで at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。