2007年07月29日

秋田 禎信 カナスピカ (7/2007) ☆☆☆

カナスピカカナスピカ
秋田 禎信

講談社 2007-06
売り上げランキング : 7012

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アマゾン: カナスピカ
楽天:カナスピカ

加奈は、突然の爆発に出くわし、驚いた。
そして、その爆発の原因は、光る球体だった。
それは、突然変形をはじめ、まもなく男の子の形になった。
男の子は、カナスピカ、と名乗った。
彼は観測衛星だ。 それが、隕石にぶつかって落ちてきたのだ、と。

加奈は、カナスピカを助けて、カナスピカが昔打ち上げられた場所を探すことにした。

カナスピカと一緒にいるところを同級生に見られ、冷やかされたり。
市役所の宇宙人対策課に追いかけられたり。

加奈は、いろいろな冒険をする。
そして…


ファンタジー。
ただ、ディテールがあまりにも荒唐無稽すぎて、感情移入できないところがある。

「魔術師オーフェン」の原作者のようだが、ちょっとこの作品ではスムーズなストーリーにならなかったような気がする。
あと、冒険がちょっと足らないかもしれない。

お勧め度:☆☆☆ もう少し、ドタバタなり事件なりがあってもよかったかもしれません。ラストシーンの前のクライマックスはファンタジックでした。
ラベル:秋田 禎信
posted by 濫読ひで at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。