2007年07月22日

朱川 湊人 超魔球スッポぬけ! (7/2007) ☆☆☆☆☆

超魔球スッポぬけ!超魔球スッポぬけ!
朱川 湊人

幻冬舎 2007-04
売り上げランキング : 206210

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アマゾン:超魔球スッポぬけ!
楽天:超魔球スッポぬけ!

「花まんま」で直木賞を受賞した作家、朱川湊人のエッセイ集。
タイトルからして変だ。
「花まんま」は純文学に近い作品だろうと思っていた。
しかしその作者がこのタイトルか?読んでみると、これがじつに面白い。

実は作者は私と同じ学年だ。そのため、まったく同じ時間を共有しているといっていい。
彼が過去思ったようなことのいくつかは私も体験している。そのため、とても親近感がわく。
(まあこんなおじさんに親近感わかれても困るかもしれないが)

さてこのタイトルにしびれた。
超魔球?それのスッポ抜け?
いったい何を意味するのか。

作者の妄想のなかで、スポーツ漫画にでてくる「超魔球」がスッポぬけてしまったらどうなるのか?というのがあったそうだ。

なるほど。作者が考えたケースがおかしい。星飛雄馬が投げる球がこうだったら、侍ジャイアンツの番場蛮(といっても知らないだろうなあ、ほとんどの人は…)がテレビの最終回で投げた魔球(漫画の原作では、こういう魔球を卒業して「男の魔球」というハラキリシュートとかに変わっていくんだけど…ついでにえびぞりってのも原作にはなかったんじゃないかな?まあいいや)がスッポ抜けて二塁手の方向へ…

うーむ。
ツボにはまった。

もちろんちゃんとした(笑)ものも沢山書いているようだし、山の上ホテルでの缶詰、という由緒ある作家でないとできないようなこともやっている。
まあそれはさすが直木賞作家だといえるだろう。

…てなわけで。

この人の小説も、そのうち読んでみようかな、と思うのだったが私としては、それよりもこの人と一回飲んでみたら面白いかな〜なんて思うのでありました。 同窓会みたいにね。


お勧め度;☆☆☆☆☆ 40代男性の琴線に触れるような項目も多いエッセイです。


ラベル:朱川 湊人
posted by 濫読ひで at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。