2007年07月14日

絲山 秋子 絲的メイソウ (7/2007) ☆☆☆☆

絲的メイソウ絲的メイソウ
絲山 秋子

講談社 2006-07-22
売り上げランキング : 171578

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アマゾン:絲的メイソウ
楽天:絲的メイソウ

芥川賞作家になった絲山 秋子 のエッセイ集。
なんというかこの人のエッセイも独特だ。

オヤジギャルではなく「オヤジオバサン」とでも言うのだろうか?
まあオバサンというと失礼かもしれないが、考え方はかなりオヤジ的だと思う。
それに加えて、彼女はなんと禿フェチだというのだ。
このあたりになると、もはや理解できない。もしかして、おじさんたちの頭にアイエピ http://tinyurl.com/32qvl7 なんて考えていたりして…

まあそれはそれで。

彼女は真面目だ。原稿の締め切りも落とすことはあまりないようだ。
その一方、「みんなと一緒」は嫌いなようだ。
だから他の人があこがれることには憧れないし、祭りなんかも興味がない。その結果、引越しの日が祭りとでっくわしてえらい目にあったりなんかしてしまう。

そして独身。まあクスリをどうのというのは作品を見ていても妙に詳しいからわかるのだが。
タバコ吸い。そして、なんと一年で20キロも減ったという。
また、突然恋に落ちたりもする。

と、なかなか変わった感じだ。
まあ作家だから何をやっても許される部分はきっとあるだろう。
少なくとも彼女の場合何をやってもそれをネタにエッセイか小説を書いてしまいそうだから。

というわけで、こういうへそまがりエッセイもいいかと。

お勧め度:☆☆☆☆ 絲山のルーツが今、明らかに!
ラベル:絲山 秋子
posted by 濫読ひで at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。