2015年05月09日

誉田哲也 増山超能力師事務所 (4/2015) ☆☆☆☆



誉田哲也の異色作品。
タイトルどおり、超能力師、が出てくる。

この世界では超能力師、というのが国家資格になっている。能力を持つものが事務所を開いて探偵のように事件を解決する。

(以下楽天ブックス)

ちょっとおかしな新シリーズ始動!
いまや事業認定された超能力で、所長の増山ほか、能力も見た目も凸凹な5人の所員が、浮気調査や家出人探しなど依頼人の相談を解決!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
調査実績が信頼の証明。お客様のお悩みを、超能力で解決いたします!お困りの際は、迷わず当事務所まで。『武士道』『ストロベリーナイト』シリーズの著者による最高に楽しいエンターテインメント誕生!!

【目次】(「BOOK」データベースより)
初仕事はゴムの味/忘れがたきは少女の瞳/愛すべきは男の見栄/侮れないのは女の勘/心霊現象は飯のタネ/面倒くさいのは同性の嫉妬/相棒は謎の男

コメディではあるが、ちゃんとした推理小説にもなっている。
オカマが出てくるのでコメディかと思ったらそうではなくて、性同一性障害に悩む一人の人間の葛藤がしっかり描かれる。
ここはさすが誉田哲也といえるだろう。

ありえない設定でもリアリティを追求しているのだ。

おすすめ度:☆☆☆☆ 超能力師の検定試験、受けてみますか?
ラベル:誉田哲也
posted by 濫読ひで at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック