2015年05月09日

馳星周 復活祭 (4/2015) ☆☆☆☆



金に執着する、昔の怨恨を持つ男女たちが互いにつぶしあう経済小説。

(楽天ブックスより)

ITバブルに賭けた男女の壮絶なコンゲーム

八十年代バブル期に絶頂と転落を味わった男たちがITバブルに復活を賭けた。しかし、かつて裏切った女の復讐劇が水面下で進行し…。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
株式公開を目指せ、その後で株を売れ。かつての地上げと同じ方程式がそこにあるー。最後に笑うのは男か、女か。

コンゲームというのともちょっと違うような気がする。
単なる詐欺ではなく、騙し合い、裏切りあい、潰し合いだから。

経済小説ではないエンターテインメントだと思うべきだ。
正直、金商法上ありえない話とかいろいろあるのだが、作者もそこは門外漢だし、最終的にエンターテインメントとして面白ければそれでいい。
法律がどうの、というよりはパラレルワールドくらいのつもりで単純に愉しめばいい。

誰が勝つのか、本当に最後までわからない。だからこそ面白い。
リベンジゲームもあるのかもしれない。

おすすめ度:☆☆☆☆ 壮絶な騙し合いです。男女の怨恨も絡むし、女同士の足の引っ張り合いも。人間は醜い。だから面白い、そう思えます。






ラベル:馳星周
posted by 濫読ひで at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。