2015年05月09日

山本甲士 銀幕の神々 (4/2015) ☆☆☆☆

銀幕の神々

銀幕の神々
著者:山本甲士
価格:1,728円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る




名手、山本甲士の作品。
文具配送大手の役員が、昔のことに思いを馳せる。
当時、高倉健の出てくるヤクザ映画は自分たちの憧れだった…。



以下、楽天ブックスより引用

忘れ得ぬ人と映画の思い出を叙情豊かに描く

岩瀬修は63歳、今は文具会社の経営陣に収まっている。彼には、昔夢中になった任侠映画にまつわる忘れられない思い出があった。初めて観たのは中二のとき。すぐに高倉健のファンになった。映画を観たいために家業の飲み屋を手伝うようになり、周囲からはヤクザと煙たがられている中間のおっちゃんと仲良くなる。そして、心臓が悪い従姉妹の弥生が、近くの県立病院に入院してきた。学校に通えない弥生のために、修はプリントなどを届けに行くようになった。弥生は、優秀で本好き、しかも絵を描くのが抜群に上手い。ケンカもしながら、親しくなっていく。任侠映画と、二人の出会いを経て、修は人生の荒波に漕ぎ出し始めた……。
任侠映画に、そして主人公達に夢中になった青春時代。たかが娯楽映画。でも、そうではなかった。あの頃の出会いがあって、今の自分がいることを、切ないエピソードとともに感じるのだった。
ノスタルジックでハートウォーミングな、任侠版『ニュー・シネマ・パラダイス』!



【編集担当からのおすすめ情報】
映画館に入ったときのワクワクドキドキ感、そして見終わって勇気や力をもらって映画館を後にした、あの頃ーー。
誰もが経験したことのある思いを再現した、映画への愛情あふれた書き下ろし小説です。
1960年代に黄金期を迎えた、東映の任侠映画の名作が多数登場します。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
岩瀬修は六十三歳、今は文具会社の経営陣に収まっている。彼には、昔夢中になった任侠映画にまつわる忘れられない思い出があった。初めて観たのは中二のとき。たちまち高倉健の虜になった。映画を観たいがために家業の飲み屋を手伝うようになり、周囲からはヤクザと煙たがられている中間のおっちゃんと仲良くなる。そして、心臓が悪い従姉妹の弥生が、近くの県立病院に入院してきた。学校に通えない弥生のために、修はプリントなどを届けに行くようになった。弥生は、優秀で本好き、しかも絵を描くのが抜群に上手い。ケンカもしながら、親しくなっていく。任侠映画と、二人との出会いを経て、修は人生の荒波に漕ぎ出し始めた…。忘れ得ぬ人たちと映画への想いを綴った落涙必至の書き下ろしハートウォーム小説。



映画を見ていない私だが、それでも十分楽しめる作品だ。

なぜならこの本は映画に関する小説ではなくて、映画を重要な題材としつつも、人間関係をメーンに据えた物語なのだから。
データの正確さなどは山本甲士のことだから問題ないだろう。
それを前提に、どのような世界をふくらませるのか。
それが小説を書く、ということなんだろう。

おすすめ度:☆☆☆☆ ヤクザ映画の高倉健が皆のあこがれであったことがよくわかります。


ラベル:山本甲士
posted by 濫読ひで at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。