2015年01月29日

朱川湊人 冥の水底 (1/2015) ☆☆☆☆

冥の水底

冥の水底
著者:朱川湊人
価格:1,566円
楽天ブックスで詳細を見る




商品説明
医者である市原玲人は、友人の平松光恵に、首から上だけが狼のいわゆる「狼男」の死体写真を見せられる。彼女はその写真と大切な取材手帳を市原に託し、忽然と姿を消した。時は20年遡る。阿巳雄山の奥に、特殊能力を持つ「マガチ」とよばれる人々が暮らしていた。マガチの青年シズクは、初恋の少女を忘れられず、彼女を追って東京で暮らし始めるが……。一途な純粋さが胸を抉る、一気読み必至の、純愛ホラー巨編。

****

純愛ホラーというとちょっと違和感があるが、まあいいだろう。
玲人は、離婚して普段は手元にいない小学生の息子とともに、「マガチ」について調べ始める。するとすぐに妨害が入ってくる。
マガチの秘密とは何なのか。

物語では同時進行で若者の「出さない手紙」が挿入される。マガチの苦悩が描かれる。

ホラーといえばホラーだが、これはどちらかというとちょっと変わった推理小説、あるいはエンタメ小説といってもいいのではないだろうか。

本は分厚いが、一気に読みたくなる。それは作者の力量だろう。
結末はそれなりに予定調和でありつつも意外な感じ。この余韻もいい。

お勧め度:☆☆☆☆ 狼男の死体の写真なんて見たくないですよね?


ラベル:朱川湊人
posted by 濫読ひで at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。