2014年12月28日

新井素子 未来へ… (12/2014) ☆☆☆☆

未来へ…

未来へ…
著者:新井素子
価格:1,944円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



今年最後の紹介は新井素子の新刊。
なんと565ページだ。

なんでこんなに分厚いのか、というのはほぼ予想がついたが、やはり読後に「あとがき」を読んでその通りであったとわかる。
終わらなかったから。

それこそ昔の「絶句…」をはじめとして、彼女の作品は終わらない。書き始めたらどんどん伸びる。ストーリーができていても変わる。
チグリスとユーフラテス、にしてもハードカバー版は501ページあった。文庫では上下二冊でさらに分厚い。
チグリスとユーフラテス(上)

チグリスとユーフラテス(上)
著者:新井素子
価格:810円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



それはさておき。

この作品は、母親が、娘の成人を機会にして、実は双子で、死んでしまったもう一人の娘を救うべく、過去の自分に交信していく話だ。

SFとしては古典的な歴史改変パラドックスものか、と思いきや、なかなかそこに至らない。野球音痴が読売新聞を読んでも意味が分からない、などというエピソードが入ってきたり、まあ進まないこと進まないこと。

ネタバレは避けるが、変わったエッセイみたいなつもりで、ゆっくりと読むが吉かと思う。

ちなみにタイトルは新井素子らしいな、と思う。彼女のデビュー作「あたしの中の…」を思い出す。
そして主人公は現在の自分なのに、「過去へ…」ではなくて「未来へ…」というタイトルは、期せずして
ストーリーをきれいに言い表しているともいえる。

新井素子ファンにはおすすめ。そうでない人が初めて読むと、話の進まなさに面食らうかもしれない。


お勧め度:☆☆☆☆ 「一体全体、何考えてるのっ!」


posted by 濫読ひで at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。