2014年12月28日

大崎梢 だいじな本のみつけ方




商品説明
大好きな作家の最新刊。発売を楽しみにしていたある日、中学2年生の野々香は、学校の手洗い場の角で忘れ物の本をみつける。好奇心から書店のカバーを外してみると、それは、まだ発売されていないはずの最新刊だった! 野々香と、クラスの図書委員・高峯秀臣は、本の持ち主の正体と、どうやって手に入れたかを探り始めるーー。大切な本との出会いをめぐって巻き起こるささやかな謎と、わくわくする冒険。賑やかでやさしい物語。

好きな作家の本をタイトルだけで注文したらジュブナイルだった。
まあ、よくあることだ。
それにいずれにしても大崎梢のことは好きなので問題ない。

中学生が主人公なためか、配達あかずきんシリーズのような深い謎解きはない。むしろ中学生が考えたらわかりそうな感じで構成されているのが心地よい。
読者のことをしっかり考える作者だ、と思う。また、親切な書店員が出てくるのも好ましい。

お勧め度:☆☆☆☆ 若い読み手に勧めてください。



ラベル:大崎梢
posted by 濫読ひで at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。