2014年12月13日

西澤保彦 下戸は勘定に入れません (11/2014) ☆☆☆☆

下戸は勘定に入れません

下戸は勘定に入れません
著者:西澤保彦
価格:1,728円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



楽天ブックスより
商品の詳細説明
酔えば酔うほど時間が戻る? お酒を飲むと、同席者とともにタイムスリップしてしまう古徳教授。その特異体質と推理力を発揮して、町の事件を解決する。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
大学で教鞭をとる古徳先生はバツイチ・独身の50歳。人生に疲れ、酔って死ねれば本望とウイスキー片手に夜道を歩き始めたが、偶然、旧友・早稲本と出会ってしまう。いまや堂々たる実業家のこの男は、かつて古徳の恋人を奪って結婚したのだった。気まずさに逃げようとする古徳だが、早稲本の誘いを断り切れず、豪邸のホームバーで杯を傾けることに。やがて、酔った2人は28年前の晩へとタイムスリップしてしまう。条件が揃うと、酒の相手を道連れに時間をさかのぼってしまう古徳先生。はたして失った恋の秘密を解き明かすことができるのか?前代未聞のタイムスリップ本格ミステリ!

新シリーズ、なのかこれで読み切りで終わりなのかよくわからないが、連作短編でこれでひとつの長編をなしている。

上記にあるように、古徳は、条件が整うと、酒の相手と同時にタイムスリップできてしまう。
そして、もしその時に自分が…。
いや、ここまでにしておこう。あまり

連作ミステリとして、個別の謎解きも含まれる。
トリックにはいいものもアレなものもある。
すべてを含めて西澤チックといえるだろう。

多くを語らず、あとは読んでもらおう。
楽しめるはずだ。

おすすめ度;☆☆☆☆ ビールの幸運の話、知ってましたか?




タグ:西澤保彦
posted by 濫読ひで at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/410597159
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック