2014年10月19日

滝田務雄 ワースト・インプレッション 刑事・理恩と拾得の事件簿 (10/2014) ☆☆☆☆1/2



「田舎の刑事」シリーズの滝田務雄(たきたみちお) の新作。

キャリア組のコンビ、理恩(りおん)と拾得(じっとく)が、現場と軋轢を起こしながら事件を解決していくシリーズだ。
最終話では、このコンビの永遠のライバルとも言えるような存在が示される。今後、このシリーズではこの二人対ライバル、の事件が展開されていくのだろう。

商品の詳細説明
女刑事の理恩には問題が多い。減らず口を叩いたり、食い意地が張っていたり、すぐ迷子になったり。だが推理だけは超一流! コワモテの部下である拾得とともに、タレント歌人の失踪、大学教授の謎の死といった4つの難事件に立ち向かう。ドラマ化された「田舎の刑事」シリーズの著者による、待望のコミカル・ポリス・ストーリー。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
始末書を乱発している若き刑事・畑山理恩。捜査本部長に減らず口を叩いたり、異常な食い意地で騒動を起こしたり、出かけるたびに迷子になったり…。だが推理だけは超一流!理恩をバカ扱いする部下の寒山拾得とともに、タレント歌人の失踪、大学教授の怪死といった4つの難事件に立ち向かう。笑いはたっぷり、謎解きはしっかり。この味はクセになる!

と、紹介されている。

お薦め度:☆☆☆☆1/2 おふざけのようで、謎解きについては本格的になっています。


ラベル:滝田務雄
posted by 濫読ひで at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。