2014年09月21日

長沢樹 上石神井さよならレボリューション (9/2014) ☆☆☆☆



説明が難しいので、楽天ブックスの「内容紹介」をそのままコピペしようとしたら

商品の詳細説明
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
野鳥とフェティシズムと「消失の謎」を捕獲せよ!

だと。短すぎる…

舞台は高校。僕は写真部のメンバー。学園のアイドル、川野のカメラマンを仰せつかる。
彼女は生物部で野鳥探索が好きだが実は陸上では高校記録を持っている。だが陸上部には入っていない。

一方、僕は頭の切れる友人の岡江に、彼女を被写体にした「フェティシズムを満足されるような写真」を要求されている。彼はその代償として、謎が起きた時に謎解きをしてくれるのだ。

このメンバーによる連作短篇集。

少々浮世離れしたメンバーであるが、下手なラノベとかよりは面白い。

お薦め度;☆☆☆☆ 野鳥の写真なんてそう簡単に撮れるものじゃないでしょうね。
タグ:長沢樹
posted by 濫読ひで at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405770748
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック