2014年08月23日

小手鞠るい アップルソング (8/2014) ☆☆☆☆1/2



小手鞠るいの作品。
だが、これはまだるっこしい恋愛小説でも愛欲のぶつかり合う話でもない。
フィクションとノンフィクションを織り交ぜたタイプの小説だ。
実際にこれがフィクションなのかノンフィクションなのか、ずっと先までわからない。

物語は「私」の視点で語られたり、主人公である茉莉江の視点で語られたりする。
茉莉江は、国際結婚した実の母に連れられてアメリカに渡り、母の死を機会に高校の途中でニューヨークに移り住み、そこで日本人の坂木という男性の導きで写真家になった。
そして日本人カメラマンの蓮慈と出会い、恋人になる。なかなか結婚できないまま妊娠し、彼はベトナムへ飛ぶ。そして茉莉江は日本で大きな事件に遭遇し…。

茉莉江の強さ、そして「私」の彼女を追う足跡を描いていくこのノンフィクションなのかフィクションなのか。写真に詳しくない自分には最後のほうまでわからなかった。


読み方としては、それでいいのだろう。

お薦め度:☆☆☆☆1/2 彼女の撮った写真を見てみたいです。


ラベル:小手鞠るい
posted by 濫読ひで at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。