2014年05月18日

堂場瞬一 内通者 (5/2014) ☆☆☆☆

内通者

内通者
著者:堂場瞬一
価格:1,728円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
千葉県警捜査二課の結城孝道は、護岸補強工事に絡む贈収賄事件の内偵中に、最愛の妻を病気で失ってしまう。彼は、ひとときでも悲しみを忘れようと捜査に没頭するが、いわれなき告発により、自らの立場は揺らいでいく。そんな中、唯一の肉親となった一人娘から助けを求める連絡が入り…。結城は刑事として、そして父親として、犯人と対峙していくがー。
(引用終わり)

捜査の対象は贈収賄だ。千葉県警にとっては非常に大きなヤマになり、ぜひとも現場をつかまえたい、と思う。それは現場もキャリアも同じだ。
それに対してのルートは細い。社内の内通者ただ一人だけだから。しかも彼は閑職においやられており、必ずしも情報を取れるわけではない。

そんな状況のなかで結城は「はめられる」。
だが本人にはその理由がよくわからない…

個人的にはあまり好きでない日本的な題材が入っているが、読み物としてはまあいいだろう。

今回は特殊とはいっても、隠さないですむ社会にしてほしいものだ。

お薦め度:☆☆☆☆ 子を思う親の心は常に大きいものです。


ラベル:堂場瞬一
posted by 濫読ひで at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。