2014年02月01日

堂場瞬一 穢れた手 (1/2014) ☆☆☆☆

【送料無料】穢れた手 [ 堂場瞬一 ]

【送料無料】穢れた手 [ 堂場瞬一 ]
価格:1,680円(税込、送料込)



私、桐谷と警察で同期で親友の高坂が逮捕された。捜査情報を流したからだという。ところが逮捕されても自供も否認もせず、結局処分保留で保釈された。彼は逮捕された時点で解雇されている。私は彼の無実を信じ、彼の名誉回復と警察への復職を望んで単独捜査を始めた。

実は私と高坂は、昔ひとつの秘密を共有していた。そのこともあり、彼とのつながりは一種特別なものであると私は感じていた。

高坂の釈放とともに、情報を受け取ったとされるほうの男も釈放された。私は彼を追い始めた。
ところが捜査を続けるうちに、いろいろと邪魔が入ってきた。
警察内部からの妨害、そして謎の妨害もある。
果たして真実はいったいどうなっているのか。
だが捜査を進めるうちに、高坂に不利な話がいろいろ出てくる。
実は高坂はクロなのか?私は迷い始めた。
そして突然…

桐谷と高坂の昔の秘密については、比較的早いうちに語られる。詳細については後のほうになるが、内容はほぼ判明する。たしかにこういう秘密を共有する仲になれば、特別な間柄になるだろう。

読めば読むほど重苦しくなってくるが、結末としては、これで収まるのであれば、いいのだろう。
現実世界でもありそうな形になっている。(警察当局は否定するかもしれないが。)

お薦め度:☆☆☆☆ 無実ならなぜ黙秘?


ラベル:堂場瞬一
posted by 濫読ひで at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。