2013年11月17日

法条遥 リライト (11/2013) ☆☆☆☆

【送料無料】リライト [ 法条遙 ]

【送料無料】リライト [ 法条遙 ]
価格:651円(税込、送料込)



なぜか「SF史上最悪のパラドックス」と書かれている。
いったい何が…

作品としてはタイムパラドックスを扱っている。
とくに、筒井康隆の「時をかける少女」は読んでおいたほうがいいだろう。
そこで描かれたラベンダー、同時存在の矛盾などいろいろなことに言及されている。もちろんオマージュだ。

タイムパラドックス。未来の人間が過去に干渉することはできない。干渉してしまうと、未来が変わり、自分も存在しなくなるかもしれないから。

美雪は、10年前の自分が来るのを待っていた。
10年前、自分は10年後にタイムリープして、ここからあるものを持ち帰った。そしてそれを使ってある事件の集結に導いたのだ。

ところが、自分は来なかった。それはいったい…

そして物語は10年まえに遡る。美雪は、西暦2311年から来たという園田保彦に会った。
未来の話をこっそり聞く。彼はある本を探しにやってきたと言う…


確かにパラドックスだ。
そして語り手の視点も変わるし、理解は結構困難かもしれない。

いちろう論理はなりたつし、推理小説的な解決編もある。
だが…パラドックスはパラドックスだ。
それが解決されないのがこの話でもある。

パラレルワールドなのかなんなのか。
解決しようとして悪化させたのがこの結末なのか。

とにかくややこしいし、混乱する。
だがそれが作者の狙いでもあるのだ。

お勧め度:☆☆☆☆ もう考えるのやめましょう。これでいいのだ(ホントかな?)


ラベル:法条遥
posted by 濫読ひで at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。