2013年09月28日

黒木亮 獅子のごとく 小説 投資銀行日本人パートナー




外資系の投資銀行の日本人パートナーになるにはどんな仕事ぶりが必要か?
どんなビジネスをしているのか?

そのへんをかなり綿密な調査の上で書いてある投資銀行小説。
しかも実在の人物、企業、事件をベースにして書いている。
ホリエモンや三木谷浩史なども実名で出てくる。

基本的にはゴールドマンをモデルにしつつもそれ以外のデータもおりまぜて架空の投資銀行の話に仕立て上げている。

とくにいま40代後半、50代の人々にとっては記憶に新しい人たちが多く現れる、といってもいいだろう。
シュガー明神、という名前でいろいろ思うところがあるのは私だけではないはずだ。

ここに出てくるパートナー、逢坂丹(あかし)はアグレッシブでディールジャンキー、白とクロの真ん中を歩き続ける男だ。

彼が求めるのは金ではない。相手を確実にoverwhelm することだ。

彼は実在するか?
モデルはたくさんいるだろうし、必ずしもM氏がモデルではないのだろう。

だがこんな投資銀行マンになりたい、と思っていたバンカーは少なくともリーマンショック前には
山ほどいたと思う。

いまももちろん、そういう人間たちだけが生き残ってイスとりゲームを続けているのだ。



ラベル:黒木亮
posted by 濫読ひで at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。