2007年04月01日

劇団ひとり 陰日向に咲く (3/2007) ☆☆☆ 本屋大賞ノミネート

陰日向に咲く陰日向に咲く
劇団ひとり

幻冬舎 2006-01
売り上げランキング : 10439

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アマゾン: 陰日向に咲く
楽天:陰日向に咲く


本屋大賞ノミネート作品。

TVで活躍する劇団ひとりが書いた本。
かなりあちこちで好評なので、期待して読んでみた。


もともと演劇関係の人たちはクリエイターとして、いろんなものを書いているわけなので、面白いかも、と。(まあ彼はコメディアンであって演劇ではないのだろうが。)

話は、「ホームレス」を軸に展開していく。
「私」は会社員をやりながら、いろいろ悩んでいた。そしてある日、とつぜんホームレスをやってみることにした。
にわかホームレスだ。会社帰りにホームレスの格好をしたり、週末に公園で寝泊りする。
そこで見えてきた人間模様が描かれる。

そして彼が会った相手や、彼とかかわりのある人間の目線でエピソードがつづられていく。



処女作としてはいいのかもしれない。
だが全体的にまだまだだと思う。 たとえば個別の話のつなげかたは、山本幸久なんかにはまったくかなわない。

また、最後の「陰日向に咲く」というエピソードには正直失望した。こんなエピソードのために最後まで読んできたのか。


次回以降に何が書けるか。片手間としてはすごいと思うがそれ以上とは現時点では思えない。

お勧め度:☆☆☆ 話題性はありますが。
ラベル:劇団ひとり
posted by 濫読ひで at 14:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

陰日向に咲く
Excerpt: 2007年本屋大賞発表!陰日向に咲く. 著者名:劇団ひとり(著) 出版社:幻冬舎出版年:2006.01 ISBN :9784344011021. 9位. 失われた町. 著者名:三崎亜記(著) 出版社:..
Weblog: 今日の出来事
Tracked: 2007-04-07 17:34
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。