2013年06月29日

伊坂幸太郎 ガソリン生活(6/2013) ☆☆☆☆1/2

【送料無料】ガソリン生活 [ 伊坂幸太郎 ]

【送料無料】ガソリン生活 [ 伊坂幸太郎 ]
価格:1,680円(税込、送料込)



相変わらず安定の伊坂幸太郎。

今回はちょっと変わった設定だ。
主人公というか、語り手は車なのだ。緑のデミオ。
だからこそタイトルが「ガソリン生活」

デミオの目を通して、持ち主一家に起きている事件の謎を見ていくことになる。

そうはいってももちろんそこは伊坂幸太郎。
すべての伏線がどんどん混じり合って最後にはパズルがしっかりはまる。
そこの構成はゆるぎない。

ある日デミオは仙台在住の有名人の女優を載せた。パパラッチから逃げているところだったという。
そしてそのすぐあとに、自動車事故で彼女は死んでしまった。同乗していたのは彼女の夫ではなかった。

まるでダイアナの死のように。そして、自動車たちの間では、奇妙なうわさが広まり始めた。実は彼女は生きているのではないか、と。

デミオの持ち主の一家のなかで一番しっかりしているのは小学生の享だ。彼は疑問をうまく解決したり、いろいろ手を使って大人まで翻弄する。

一方、陽気なギャングのメンバーたちも登場したりして、伊坂ワールドはあいかわらず健在になっている。

車からの語り口でなくても楽しめる小説になっている。

お勧め度:☆☆☆☆1/2 テンポよく爽快な小説になっています。


ラベル:伊坂幸太郎
posted by 濫読ひで at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。