2007年02月02日

五十嵐 貴久 TVJ (2/2007) ☆☆☆☆

TVJTVJ
五十嵐 貴久

文藝春秋 2005-01-15
売り上げランキング : 319126

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アマゾン: TVJ

楽天:TVJ


過去、このブログを訪れてくださった五十嵐氏の作品。

TVJ というのはTV Japan のTVJとTV Jack を掛けているのだろう。
テレビジャパンの新社屋に、武装したグループが入り込み、テレビ局を占拠した。
テレビジャパンはツインタワーになっていて、テレビジャパンのビルのテナントだけでなく、つながった隣のビルのテナント(金融機関など)を含め全部退避することになった。

由紀子は、その現場に居合わせ、窓から事故で落ちてしまった。
そのまま死んだと思われたが、奇跡的に助かった。
人質にされた恋人のために、由紀子が活躍する。

恋人は助かるのか?
果たして犯人グループの狙いはなんだったのか?

という女性主人公の活劇小説だ。
由紀子の体力でここまでできるのか?とか、コンピュータによる集中管理はこうではないだろう、とか現金はそこにはそんなにないだろう、とかいろいろ疑問点なり指摘するポイントはある。

だが、気にすることは無い。 楽しいか、楽しくないかときかれると、楽しいのだ。

お勧め度:☆☆☆☆ 由紀子が活躍しすぎなので、星をひとつ減らしました。
面白く読めます。


ラベル:五十嵐 貴久
posted by 濫読ひで at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こりずにまたやってきこんばんは。五十嵐貴久です。ちなみに本物です。
「TVJ」感想ありがとうございました。
さて、そんな五十嵐ですが、ミステリーも書いておりまして、つい先日出しましたのが、「シャーロック・ホームズと賢者の石」というタイトルの本です。なかなかユニークな出来だと自負しておりますので、よろしかったらお読みください。光文社、カッパノベルスより、ただいま絶賛発売中でーす。では、五十嵐でした。ました。
Posted by 五十嵐貴久 at 2007年06月21日 21:55
ああ、五十嵐先生、どうもありがとうございます!

ドラマ化、おめでとうございました!!
Posted by 濫読ひで at 2007年06月22日 17:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。