2007年01月28日

東野圭吾 黒笑小説 (1/2007) ☆☆☆☆

黒笑小説黒笑小説
東野 圭吾

集英社 2005-04
売り上げランキング : 106521

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アマゾン: 黒笑小説
楽天; 黒笑小説


さすがだ、と思わせる東野圭吾の短編集。
ブラック・ユーモアでつづっている。まあ、メインのテーマは「巨乳妄想」「インポ」「もてない男」と「売れない作家」だ。

…というとおいおい、という感じだが、面白い。
イメージとしては星新一のショートショートで出てきそうなアイディアではある。題材はちょっとシモネタなので星新一にはそぐわないのだが。

「もうひとつの助走」というのは、当然、筒井康隆の「大いなる助走」を意識している。
東野圭吾はやっと「容疑者Xの献身」
http://hidebook.seesaa.net/article/9842980.html
で昨年直木賞を受賞したが、それまではなかなか直木賞が取れなかった。

この作品集のなかには、作家と編集者の緊張関係と裏話的な短編が3つ載っている。
それを見ると、作家がいかに使い捨てられるものか、というのがよく現れている。 もちろん編集には編集の言い分があるだろう。 商売である以上、商売のことを考えなければいけないのだ、と。

ユーモアで包み込んではいるが、しょせん作家は山のようにいる、という諦念すら感じさせられる作品である。

お勧め度: ☆☆☆☆ 作家になるのも大変ですがあり続けるのはもっと大変そうです。

posted by 濫読ひで at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。