2013年02月10日

堂場瞬一 衆 (2/2013) ☆☆☆☆

【送料無料】衆 [ 堂場瞬一 ]

【送料無料】衆 [ 堂場瞬一 ]
価格:1,838円(税込、送料込)



鹿野は、自分が卒業した麗山大学に、教授として帰ってきた。
マスコミで名が売れている彼だが、前の大学の定年後、母校の誘いに乗ったのだ。
彼にはやりたいことがあった。

それは、学生運動時代、その大学で高校生が死んだことの真相をつきとめることだ。
鹿野は、少しずつ当時の状況を調べ始めた…
そして地元がその話をできれば隠したい、忘れたいと思っていることも知る。
一方、彼とともに学生運動のリーダーをしていた実川が、地元に残っている。
どうやら後ろ暗いことをしているらしい…
彼は果たして、真相にたどり着くことができるだろうか。

正直なところ、最近の堂場瞬一の作品の一部には、結末が「尻切れトンボ」のような作品がみうけられる。
この作品もそうだ。

どうなっていくのか、といろいろ期待しながら読むうちに残りページが少なくなる。いったいこれはどう結末をつけるのだろうかと思って読み進めると、結局のところ読者が納得のいかない結末(あるいは結末もどき)になってしまうケースがある。
今回もそうだ。

この結末は、当初から作者が意図していたものとも思いにくい。キャラクターがぶれてしまうのだ。
もっと完全な決着を付けてほしかったと切に思う。

お勧め度;☆☆☆☆ 結末については議論の余地アリです。


posted by 濫読ひで at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。