2007年01月02日

山本ひろし 君だけの物語 (1/2007) ☆☆☆☆☆

君だけの物語君だけの物語
山本 ひろし

小学館 2006-07-21
売り上げランキング : 121008

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アマゾン: 君だけの物語
楽天: 君だけの物語



先日ブログで紹介した「わらの人」
http://hidebook.seesaa.net/article/29582740.html
を書いた山本甲士氏のことを知り、彼に小説の書き方を習いながらだんだんと上達していくサラリーマン、山本ひろし氏による、小説の書きかた本。



ひろし氏(ややこしいのでこう書くことにする)は、会社のやりかたを批判して左遷された。そして妻子とも離婚。
佐賀のアパートで、生命保険会社といいながらも左遷の職で、清掃作業のサラリーマン。こんな不遇な人生があるだろうか。

そんな彼が、佐賀在住の作家、山本甲士氏のことを知る。そしてゆっくりと彼に近づき、彼に小説の書き方の教えを請うことにした。

最初のうち、かなりどうしようもないことしか書いていなかったひろし氏が、だんだんと上達していく。
またあるときは甲士氏と喧嘩別れのような状態になり、一人でいろいろ悩み苦しむ。

ひろし氏の支えになったのは、遠くに住む、小学生の息子の存在だ。ひろし氏のモチベーションのひとつは、息子に読んでもらいたい、というものだった。
そして、息子のためにも、書き続けている。

この本の特徴は、ひろし氏が実際に書いた作品を中に採録し、どこがよくない、どこがよくなった、というようなことをちゃんと説明していることだろう。
それだけではない。その結果として、賞を受賞した作品まで採録している。それぞれ事情があって活字にならなかったわけだが、それがこの本の形で活字になった、というのはそれもひとつの縁なのだろう。

もちろん小説の書き方にはいろいろな方法があるし、本によっては正反対のことを書いていることもある。

その中で、自分に合うスタイルを見つけ出していくことが大事だと思う。

この本は、どこまでがフィクションでどこまでが事実かを明らかにしない「体験記スタイル」の話になっている。
だが、フィクションの範囲など気にする必要はない。
この本は、物書きを目指す人間であれば、持っていてしかるべきだと思う。
折に触れて読み返すのがいいだろう。

物書きを目指す人でない人は、一人の成長物語として読めばいい。とくに、作者の執念が実ったような作中作「君だけの物語」を読むだけでも、この本を手に取る価値が十分にあると思う。

お勧め度: ☆☆☆☆☆ もの書き志望もそうでない人も、ぜひ!

君だけの物語

この本を紹介しているブログ:
仕事の途中
http://blogs.dion.ne.jp/kibito_yamakawa/archives/4660076.html
悪玉のページ(でも本当はいい人)
http://white.ap.teacup.com/sakai/200.html


posted by 濫読ひで at 13:45| Comment(0) | TrackBack(2) | 作家や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

2007年1月3日発行 (第104号)
Excerpt: □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ 何を読もうかな、というあなたに捧げる本のご紹介 発行者:濫読ひで 2007年1月3日発行 (第104号..
Weblog: 何を読もうかな、というあなたに捧げる本のご紹介バックナンバー
Tracked: 2007-01-13 12:03

山本 甲士 どろ (1/2007) ☆☆☆☆
Excerpt: どろ山本 甲士 小学館 2004-11売り上げランキング : 72839Amazonで詳しく見る by G-Tools アマゾン:どろ 楽天:どろ 隣人どうしの関係がとんでもないことになる話だ..
Weblog: 活字中毒者の小冒険2:気まぐれ書評で本の海を漂う
Tracked: 2007-01-21 14:48
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。