2012年12月07日

羽田圭介 盗まれた顔 (12/2012) ☆☆☆☆

【送料無料】盗まれた顔 [ 羽田圭介 ]

【送料無料】盗まれた顔 [ 羽田圭介 ]
価格:1,575円(税込、送料別)

盗まれた顔
盗まれた顔羽田 圭介

幻冬舎 2012-10-26
売り上げランキング : 23139


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


白戸は、刑事だが、ちょっと変わった仕事をしている。
彼の仕事は「見当たり捜査員」という。犯罪者の顔を覚えて、街を歩いてそれらしい相手を探して逮捕するのが役割だ。
39歳、独身。出会い系で出会った千春と同棲しているが、結婚はしていない。

白戸は毎日3人チームで捜査に出る。
見つけるときもあるし、見つけられないときもある。
連日見つけることもあれば、数か月あくこともある。それが困難だ。

白戸は、誰かの視線を感じている。死んだはずの男の視線を。


そして白戸は、公安が裏で動いていたある事件に近づいていくことになる…

面白い刑事小説だ。
シリーズかもできないことはないだろう。
ただそのためには一つ決着をつけなければならないこともある。
この物語ではあえて曖昧にしているからだ。

そこをねちっこく描いて第二話にするか、あるいはそれを掘り下げずにこのまま単発の話にするか。
個人的には続きを読みたい気がする。

お勧め度:☆☆☆☆ あなたは何人の顔を覚えていますか?


ラベル:羽田圭介
posted by 濫読ひで at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。