2012年10月14日

五十嵐貴久 ぼくたちのアリウープ (9/2012) ☆☆☆☆

ぼくたちのアリウープ
ぼくたちのアリウープ五十嵐 貴久

PHP研究所 2012-04-10
売り上げランキング : 305480


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ご存知、五十嵐貴久先生の作品。
今回の舞台は高校だ。

ぼく、ジュンペーは名門高校に奇跡的に入学した。高校でやりたいことはバスケット。
バスケ部に入りたいからこの高校に来た。ところが、高校バスケ部はなんと不祥事で対外試合停止だという。

バスケができない…でも自分たちだけでもバスケがしたい!
そう思い、入部希望の一年生たちと集まって二年のところへ行くと、なんと彼らは「一年生は要らない」という。信頼していた上の学年の不祥事で自分たちは対外試合ができなくなった。
だからもう誰も信頼しない、というのだ。

ぼくたちはバスケがしたい。でも二年生が入部を認めてくれない。
そこでぼくたちは二年生に申し入れをした。 一年対二年で試合をやり、一年生が勝ったら認めて欲しいと。

そこから、ぼくたちの苦悩と楽しみが始まった。
実は、バスケ部志望者のうち、何人かはすでにほかの部活に入ってしまったのだ!
メンバー集めからやらなければならない。
なんとかメンバーを集め、楽しい夏休みはバスケ漬け。
体重157キロのウトウを含め、皆でバスケの合宿をやり、毎日練習。
女子のOGも少し手伝ってくれたりして、楽しくバスケの練習ができた。

そして試合。
果たして二年生に勝つことができるか…

青春ものの黄金パターンに近い。
結末はだいたい見えている。
いくつかしか考えられないからだ。

その予定調和に向けて皆頑張っていく。

だから、しのごの言わず楽しめばいい。
ジュンペーたちを応援して!

お勧め度;☆☆☆☆ バスケがしたい!  …という人たちを観たい。
posted by 濫読ひで at 14:08| Comment(1) | TrackBack(1) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
青春ものの黄金パターンって

予定調和ですよね・・・。
でも好きですよ、安心して読めますし、チカラ抜いて
読める本も大事。
五十嵐さんらしいではないですか〜。

新作の「編集ガール」が出ましたけど、こっちも
「ドタバタ後ハッピーエンド」でした。
五十嵐さん作品を評価しているサイトの中には、
幅広い作風でハートウォーミングが得意と
書いてあったりしますし。
http://www.birthday-energy.co.jp/

これからも暖か路線なのかな・・・。
それも五十嵐さんらしさか。
Posted by 徹也 at 2012年11月13日 22:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「ぼくたちのアリウープ」五十嵐貴久
Excerpt: 1年生が、2年生と退部をかけて試合をする。 「1985年の奇跡」で野球を描いた五十嵐貴久が、今度はバスケットボールに挑む。    【送料無料】ぼくたちのアリウープ [ 五十嵐貴久 ]価格:1,575円..
Weblog: りゅうちゃん別館
Tracked: 2013-04-18 17:25