2006年11月30日

岸田るり子 出口のない部屋 (11/2006) ☆☆☆

出口のない部屋出口のない部屋
岸田 るり子

東京創元社東京創元社 2006-04-22
売り上げランキング : 254390

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
]

Amazon  http://kat.cc/4f43
楽天   出口のない部屋

私に差し出されたのは「出口のない部屋」という題名の原稿。

それは、一つの部屋に閉じ込められた二人の女と一人の男の物語だった。なぜ、見ず知らずの三人は、この部屋に一緒に閉じ込められたのか?免疫学専門の大学講師、開業医の妻、そして売れっ子作家。いったいこの三人の接点はなんなのか?三人とも気がつくと赤い扉の前にいて、その扉に誘われるようにしてこの部屋に入ったのだった。そして閉じ込められた。

それぞれが、自分の人生を語り、そしてそのうちにその三者の関係がわかってくる。三人がなぜ閉じ込められたのか。あるいは、なぜそんな設定が造られたのか。


…ということなのだが。
作者は鮎川哲也賞を受賞している。これは受賞第二作だそうだ。

アマゾンの書評は好意的なものが多い。

私の、正直な感想をいおう。
最後のほうまで、おもしろく読めたのだが…

ひとこと。

「それはないだろう」

お勧め度:☆☆☆ 濫読ひでの今年の「それはないだろう大賞」です。

ラベル:岸田るり子
posted by 濫読ひで at 22:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
善も悪も書き分けられそう、岸田さんなら。

新作『白椿はなぜ散った』が出たので、話題になってるのか
岸田さんご自身の解説をしているサイトを発見しましたよ。
http://www.birthday-energy.co.jp

もめ事が実は得意で、どろどろはお手の物。
少女性重視の思考、など・・・。

岸田さんらしいですね〜。
Posted by fumi at 2011年09月11日 17:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック