2012年06月30日

石持浅海 玩具店の英雄-座間味くんの推理 (6/2012) ☆☆☆1/2

【送料無料】玩具店の英雄

【送料無料】玩具店の英雄
価格:1,470円(税込、送料別)


玩具店の英雄 座間味くんの推理
玩具店の英雄 座間味くんの推理石持 浅海

光文社 2012-04-18
売り上げランキング : 109987


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【送料無料】玩具店の英雄

石持浅海の本はたくさん読んでいる。
http://tinyurl.com/7f6nm9c

デビュー作(なのかな) BG,あるいは生けるカイニス 
http://hidebook.exblog.jp/2830672/
は衝撃的だった。

その後の作品はSFと推理小説が半々という感じだろうか。
あるいはちょっとしたパラレルワールド的なもの。

この作品は推理小説だ。
以前読んだ「心臓と左手」
http://hidebook.seesaa.net/article/102197938.html
などの続編となる。

津久井操は、科学警察研究所の研究員だ。ここは警視庁の管轄の科学捜査研究所と違い、警察庁の管轄で犯罪捜査にかかわるさまざまな基礎研究をしている。

今回のパターンは、津久井が大迫警視正と「座間味くん」と呼ばれる男性と三人で飲みながら話をし、座間味くんが謎解きをする、というパターンになる。

操はいま、「失敗の研究」をしている。いろいろな事件において、警察が犯罪を防ぐのになぜ失敗したのか、ということの「分かれ目」を研究している。
つまり何が犯罪防止、あるいは犯罪実行の「分かれ目」になったのか、ということだ。

政治家が雨上がりにヤスで刺された。
なぜ刺されたのか?その分かれ目は「雨」だったのではないか、と操は言う。晴れて見通しが良くなったから、犯人は実行しやすくなったと。

だがここで座間味くんはある指摘をする。そこで、この事件の意味はいきなり違ってきたのだ…。

こんなパターンで話が続く。
座間味くんの推理には首肯できるもの、やられた!と思うもの、おかしい、と思うものいろいろある。

以前もあまり好きになれないパターンだったようだ。
というか石持浅海に対してのイメージなのかもしれない。

だが私はまた石持浅海を読むだろう。
これは結局好きなののかも知れない。

おすすめ度:☆☆☆1/2 本格推理です。



【送料無料】玩具店の英雄


ラベル:石持浅海
posted by 濫読ひで at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。