2006年11月11日

射逆 裕二 情けは人の死を招く (11/2006) ☆☆☆☆

情けは人の死を招く情けは人の死を招く
射逆 裕二

角川書店 2006-06
売り上げランキング : 461821

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Amazon; http://kat.cc/53b0
楽天: 情けは人の死を招く
http://kat.cc/6580

ボクは遺産だけで食っている。女性とは、長続きしたことがなかった。
面白みがない男なのかもしれない。
そんなボクに、運命の出会いが訪れた。
10年前、成り行きでヤクザから助けた女性と再会したのだ。
彼女は会計士であり、そのときからずっとボクを探していたという。

だが、ボクは急いでいた。飛行機に乗るために。
彼女に引き止められたため、乗り逃がしてしまった。
ところがそれがボクの命を救った。そしてボクは彼女を探し始める…

ここからはじまる、波乱万丈の物語、といいたいところだが、彼女との出会いは導入部であり、実際の物語は、ボクが持つ湯河原のマンションで起こる。
マンションで殺人事件が起こったのだ…



登場人物にそれぞれ特徴があり、なかなか楽しめる推理小説になっている。
本格推理小説と言っていいだろう。

トリックについては、ちょっと細かすぎる気がするが、それなりに説明はついていると思う。

「みんな誰かを殺したい」と同様に、場面展開が速いので、ちょっと戸惑う部分もあるかもしれない。

実は、怪しげなオカマの狐久保さんは、名探偵だ。彼(彼女?)がメーンのシリーズとして書かれていくようだ。

最後までどんでん返しあり、気楽に楽しめるエンターテインメントと考えるほうがいいかもしれない。

お勧め度:☆☆☆☆ 犯人あては結構難しいです。むしろエンターテインメントと考えましょう。


ラベル:射逆 裕二
posted by 濫読ひで at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。