2012年04月22日

西澤保彦 彼女はもういない (4/2012) ☆☆☆1/2

【送料無料】彼女はもういない

【送料無料】彼女はもういない
価格:1,575円(税込、送料別)

彼女はもういない
彼女はもういない西澤 保彦

幻冬舎 2011-10-06
売り上げランキング : 177781


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【送料無料】彼女はもういない

西澤保彦の単発作品。
金持ちで無職の鳴沢は、高校時代に好きだった奏恵の行き先が同窓会名簿から消えてしまったことに、失望した。そしてその失望は、バンドを組んでいた友人、正明への怒りに変わる。この二人はもしかしたら付き合っていたのかもしれない。だがその彼でさえ奏恵の行き先を知らない。自分と奏恵の関係も切れてしまった…そう思った成沢は、まったく違う形で自分の怒りを昇華する方向へと走る。
彼は材料を集める。
死んだ姉の息子で穀潰しの浩雄、近所に出没するホームレス、キャバクラの女さくら、そして店で出会ったアナウンサーの麻場…
そして、連続猟奇殺人を起こしていく。

幾つかの事件のあとに、成沢が知ったことは、あまりに彼の想像を超えていた…

推理小説としては確かに、意外な結末でもあり、伏線もしっかり提供されている。
あとは好みの問題だろう。

あまりに暗い内面、ねじれた行動…このあたりをどう考えるか、で好みになるかが決まるような気がする。
つくり話なのだからどんな設定でも構わない、というのであればこの結末を含めて楽しめるだろう。
猟奇的な話を好まない人には合わない。

おすすめ度;☆☆☆1/2 カネがあれば幸せ、とは限らないものですね。



【送料無料】彼女はもういない


ラベル:西澤保彦
posted by 濫読ひで at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。