2012年03月24日

新津きよみ トライアングル (3/2012) ☆☆☆1/2

トライアングル
トライアングル新津 きよみ

角川グループパブリッシング 2008-09-25
売り上げランキング : 344504


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【送料無料】トライアングル

【送料無料】トライアングル
価格:700円(税込、送料別)

【送料無料】トライアングル

郷田亮二は、医学部を卒業して一度は医師になったが、その職をすてて刑事になった。そしてパリのインターポールから日本に派遣されてきた。
彼を刑事にしたのは、小学校4年のときのトラウマだった。
彼と別れたのちに誘拐・殺害された少女。葛城佐智絵のことを思い出すからだった。たとえ時効になったとしても、犯人を追いたい。そんな気持ちでいる。


小学校の同窓会に出た彼は、信じられない人間に出会った。「葛城佐智絵」と称する女性が、出席したのだ。
だが彼女は佐智絵ではない。ではいったい何が起こったのか。 そして彼は「葛城サチ」という女性に到達する。
なぜサチはそんなことをしているのか…


新津きよみの夫、折原一に言わせると、彼女は「結論を決めないで書く」タイプだそうだ。 この話がそうなのかはわからないが、結末がむしろそんなことか、というような尻すぼみっぽくなってしまったことは残念ながら確かだ。

設定は惜しいので続編を期待(でているのかな)。

おすすめ度:☆☆☆1/2


【送料無料】トライアングル


ラベル:新津きよみ
posted by 濫読ひで at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。