2012年01月29日

楡周平 介護退職 (1/2012) ☆☆☆☆1/2

【送料無料】介護退職

【送料無料】介護退職
価格:1,470円(税込、送料別)


【送料無料】介護退職
介護退職
介護退職楡周平

祥伝社 2011-07-29
売り上げランキング : 211310


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


楡周平のビジネス小説。
タイトルから予想されるのは、ビジネスマンが介護のために退職して奮闘する話だと思う。
実際は、ちょっと違う。
ビジネスマンがビジネスをするうちに親が倒れたが、介護をどうするのか悩む。 退職というのは最後の手段だから。

唐木栄太郎は総合電機メーカーの北米事業部の部長をしている。
当然仕事は激務。
接待も当たり前にあるし、米国出張も多い。
ここが踏ん張りどころであり、頑張れば役員への道が開けることになる。
息子は中学受験を控えており、妻はかなりぴりぴりしている。

彼の母は雪国で一人暮らしをしている。
母に電話をするのは、唐木の日課だった。

そして年末のある日、母が骨折で倒れる。
唐木は取り急ぎ入院先にかけつけるが…


タイトルから方向性は当然見えるのだが、退職までの道は長い。
そこまでにかなりの苦悩がある。
「退職」と書かないほうが本当はビジネス小説として面白いのだが、それで売れるかどうかがわからない。適切なタイトルをつけるのは意外に難しいものだと思う。

だが、結果がわかっていても面白いのは、やはりビジネス小説を書きなれた楡周平の作品だからだろう。

介護は自分の身にふりかかる。だがそれを見ないふりをしている人たちは多い。私のように。

おすすめ度:☆☆☆☆1/2 ビジネスと介護をどうしたら両立できるでしょうか?


【送料無料】介護退職


posted by 濫読ひで at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。