2011年09月25日

西澤保彦 必然という名の偶然 (9/2011) ☆☆☆☆

【送料無料】必然という名の偶然

【送料無料】必然という名の偶然
価格:1,680円(税込、送料別)

必然という名の偶然【送料無料】必然という名の偶然
西澤保彦
実業之日本社
・ISBNコード: 9784408535883

西澤保彦の作品によく出てくる、櫃洗市。
そこを舞台にした短篇集。

女運の悪い男が、やっと結婚式をあげる。婚約しては逃げられ、結納しては逃げられ、挙式中に逃げられ…。八年前には、控室から消えた花嫁が別の男と無理心中。そんな中、今日の花嫁が心中した男の交際相手だったと発覚。 果たして、結婚式は無事にあげられるのか?それとも…
(「エスケープ・ブライダル」)

から始まり、奇妙な事件がいろいろ起きる。最後には説明がつくのだが。



最後を締めくくるのは「エスケープ・リユニオン」
登場人物たちの多くが再度集まる。そしてそこではまた事件が起きる。
事件の鍵は、同窓会名簿だった。


どうやら、このストーリーはシリーズになるだろう。
なっても良い。筒井康隆の「富豪刑事」を彷彿とさせるメンバーが登場したからだ。

西澤保彦の作品は、ちょっとこじつけ気味のところがあって、暗い部分もあるものの、一般的には楽しめるものが多い。

この作品は、気楽に楽しんでいけるといえるだろう。

おすすめ度:☆☆☆☆ 「必然という名の偶然」は偶然なんでしょうか?



必然という名の偶然
【送料無料】必然という名の偶然


ラベル:西澤保彦
posted by 濫読ひで at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。