2011年09月04日

加藤実秋 ホテルパラダイス銀河 (8.2011) ☆☆☆☆

【送料無料】ホテルパラダイス銀河

【送料無料】ホテルパラダイス銀河
価格:1,680円(税込、送料別)


【送料無料】ホテルパラダイス銀河
加藤実秋
講談社
1,680円(税込)送料無料

「インディゴの夜」などを出している加藤実秋
http://tinyurl.com/3gvjwmo
の作品。 
京志は、大学入学に合わせて上京、上野の「ホテルパラダイス銀河」に住み込んで働きながら通学する。
京志の学費の面倒をみてくれるかわりに働く、という形になっているがそのオーナーに会うことはない。

そしてホテルには変わった客や困っている客がやってくる。
京志の役割として、客の問題を解決することが命じられる。


詐欺にかかわった女性からの助けを求めるものや、あるいは謎の日本かぶれの外人からの依頼など。

ところどころでオーナーから不思議なメッセージが届いたり、不可思議なことが起きる。
京志は、支配人の小津や同僚の道也などの協力を得ながら、それぞれの問題に直接向かい、解決していく。

そこに、ホテルの身売り話が持ち上がった…


エンターテインメントの要件。それは「面白い」こと。
面白ければそれでいい。
あとの理屈は荒くても、適当でも、突っ込みどころ満載でも構わない。

この作品には突っ込みどころ満載だ。だがオモシロい。
それでいいではないか。
京志に乾杯!

おすすめ度:☆☆☆☆ シリーズ化期待!


【送料無料】ホテルパラダイス銀河


ラベル:加藤実秋
posted by 濫読ひで at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。