2011年07月17日

鯨統一郎 努力しないで作家になる方法 (7/2011) ☆☆☆☆

【送料無料】努力しないで作家になる方法

【送料無料】努力しないで作家になる方法
価格:1,575円(税込、送料別)


努力しないで作家になる方法
鯨統一郎
光文社
・ISBNコード: 9784334927653

タイトルを見て思った。
これを読めばすぐに作家になれるかもしれない、と。
とくに、これだけの多作の作家が書いているのだから
きっと簡単に売れる本を書くだけのやり方が書いてあるのではないか…

簡単にいえば、裏切られた。
この本は、「努力しないで作家になる方法」が書いているのではない。
もう少しいえば、「努力しないで作家になる方法は、ここには書いていない」。

作者のデビューまでの話はかなりが本当のことなのだろう。
SFアドベンチャーの投稿をずっと続けたこととか、その際に採用されていた「ライバル」たちがどんどんデビューしていくのを見て焦っていることなど。

北野勇作も彼の「ライバル」であったのだ。

非常に苦しい生活(給料なども書いている)の中、一度は小説をやめることを決意する。
そしてそれまでに積み重ねたアイディアノートはすべて捨ててしまう。
妻子を養うために、仕事で稼ぐことにしたのだ。

そして日々を過ごすが、小説を書くことが諦められない。

彼はある日、再度小説を目指す…


とにかくここにあるのは「努力」「苦難」「失意」の連続だ。
タイトルは単なる皮肉かもしれない。

少なくとも、これくらいの「努力」をしてこの作家は世に出てきた。
それよりも少ないのは「努力」とは言わないのかもしれない。

あるいは、これ以外の方法での作家になる方法もあるかもしれないが
作者は言っているのだろう。

「ここには、これだけの努力をした作家がいるんだよ」と。

お勧め度;☆☆☆☆ 努力は必要なんでしょう。



ラベル:鯨統一郎
posted by 濫読ひで at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。